不動産業界の顧客対応最前線では、“まだ無いものを見せる” 複合現実や仮想現実を使った「おもてなし」が続々と増えております。マンション建設予定地にどう竣工するかを現実空間で実際に見せる新築物件もついに登場し、2次元案内が多かった共有部分のバーチャル体験や、仕様変更の即時シミュレーションなど、各社の工夫は進化が止まらない状況です。
一方その実現方法は多種多様であり、使用する機器(デバイス)によって明確な特徴がうまれます。具体的にはMR(複合現実)、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)の違いであったり、性能差異としては、その場に居ない遠隔地担当者と視覚共有して即時商談できる機能の登場など、トレンドは目まぐるしく進化しております。
不動産業界の皆様を主対象として、大ブームを予感させる「複合現実」の不動産セミナーを12月12日、東京で開催いたします。是非、この機会に関係者お誘いあわせの上ご参加ください。

満席のためお申し込み受付を終了しました

開催概要

主催
日本マイクロソフト
協力
ネクストスケープ
日時
2017年12月12日(火) 13:00~15:00(開場12:45)
会場
赤坂インターシティコンファレンス 401
(東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR)
対象
不動産業界のマーケティング担当者、販売担当者
広告業界のマンション・プロモーション・プランナー
人数
40名 先着順
(申込多数の場合は抽選になる場合があります)
申込
無料、事前申込制

※本セミナーは日本マイクロソフトが主催し、日経BP社へ運営業務の一部を委託しています。登録手続完了後や受講証発行後においても、セミナーへの参加をお断りする場合がございます。あらかじめご了承ください。

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:25

第一部

「Microsoft HoloLensで実現するMixed Realityとは?
-MR、VR、ARの違いも併せて解説」

13:25~14:30

第二部

「不動産販売におけるMR活用事例紹介とVR/MR導入時の課題について」

(質疑応答 10分あり)

終了後
(14:30~15:00)

自由参加の相談会

※実機の個別体験は、時間の都合上無い見込みです。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。

満席のためお申し込み受付を終了しました