第3回 日経アジア感染症会議「東京感染症ステートメント2016」PDFダウンロードはこちらから
The Third Nikkei Asian Conference on Communicable Disease, Tokyo Communicable Diseases Statement 2016 | PDF Download
特別寄稿 国連結核特使 エリック・P・グースビー 「G7の指導者はグローバル・ヘルスの脅威である結核を無視すべきではない」
Special Contribution | UN Special Envoy on Tuberculosis Eric P. Goosby “G-7 Leaders Must Not Ignore TB as a Global Health Threat”
Nikkei Asian Review Special Report


グローバル経済の発展にともない人口移動・物流取引が加速度的に増大するなか、感染症リスクへの対応は一国にとどまらず国際社会全体にとって喫緊の課題となっています。

こうした認識のもと、日本経済新聞社と日経BP社は国内外より感染症対策に関連する行政機関・団体・学会など、産官学すべてのステークホルダーを一堂に集めた「日経アジア感染症会議」を2014年、2015年と開催し、感染症対策や公衆衛生学的対策、医療イノベーションにおける豊富な経験や人的資源を持つ日本に対する更なる貢献が国際社会より期待されているとの認識を確固たるものとしました。

過去2回の会議を通じ感染症対策に関する産官学によるオープンな議論を進め、具体的かつ実効性のあるアクションプランを提案するとともに、その実行へ向け、会議終了後も積極的な活動を展開しております。その一つ、「日経アジア感染症会議・結核コンソーシアム」では結核に関する日本発の診断・治療技術の実用化へ向けたイニシアチブを国に対して提案をいたします。

2016年4月22-23日に開催を予定する「第3回日経アジア感染症会議」は、2020年五輪開催地でもある東京都とともに開催し、さらなる具体的対策の実行へ向けたモメンタムの加速を目指します。

会議の成果をステートメントとして国内のみならずアジア域内に向けて幅広く情報発信するだけでなく具体的な成果を積み上げることで、感染症対策における日本のリーダーシップ確立への道筋をつけます。

As global economic growth brings about large increase of human and logistical mobility, taking effective measures against the threat of communicable diseases has become one of the most important challenges for not only a country, but also for the international society.

Under such circumstance, Nikkei Inc. has been organizing the annual Nikkei Communicable Diseases Conference since 2014, gathering internationally renowned experts in the area, both within and outside Japan, representatives of the private sector, and high-ranking government officials responsible for health.

Conference participants reaffirmed the imminent threat posed by communicable disease and the importance of stepping up efforts to address such threat, agreeing that Japan has a significant role to play in the fight against communicable disease in Asia and worldwide.

Through the open discussions among government, industry, and academia, the conference not only proposes concrete and practical action plans, but also works closely throughout the year to implement such action plans by establishing a consortium that accompanies the statement. One ideal example is TB Consortium, which took form of PDPs (Product Development by Public Private Partnership) to bring into the world Japan's diagnostic and treatment technologies for multidrug-resistant tuberculosis.

The 3rd Nikkei Asian Conference to be held on 22nd - 23rd April, 2016, will take place in Tokyo, a host for 2020 Olympics. The fruits of the conference will be disseminated around the world through Nikkei’s diverse media network, driving the momentum further on.

archives 第1回 第2回
開催概要
開催概要
開催日
Date
2016年4月22日(金) 9:00-19:10(開場 8:30)
2016年4月23日(土) 8:15-12:30(開場 7:50)
4.22(fri) 2016 9:00-19:10 (8:30open)
4.23(sat)2016 8:15-12:30 (7:50open)
会 場
Venue
六本木アカデミーヒルズHP
東京都港区六本木6丁目10番1号 六本木ヒルズ森タワー49F
Roppongi academyhills
49F Roppongi Hills Mori Tower 6-10-1 Roppongi Minato-ku Tokyo, JAPAN
主 催
Organizer
日本経済新聞社、日経BP社
Nikkei Inc., Nikkei Business Publications, Inc.
共 催
in association with
東京都
Tokyo Metropolitan Government
後 援
Support
外務省、経済産業省、厚生労働省、文部科学省
Ministry of Economy, Trade and Industry;
Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology;
Ministry of Foreign Affairs;
Ministry of Health, Labour and Welfare
協 賛
Co-sponsor
栄研化学、大塚製薬、サラヤ、塩野義製薬、シスメックス、住友化学、第一三共、田辺三菱製薬、二プロ、富士フイルム・富山化学工業、GHIT Fund
EIKEN CHEMICAL CO.,LTD., Otsuka Pharmaceutical Co., Ltd., Saraya Co., Ltd, SHIONOGI & CO., LTD., Sysmex Corporation, Sumitomo Chemical Co.,Ltd., DAIICHI SANKYO COMPANY, LIMITED., Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation, NIPRO CORPORATION, FUJIFILM Corporation, TOYAMA CHEMICAL CO., LTD., Global Health Innovative Technology Fund
受講料
Co-sponsor
無料(事前登録/抽選制)Free Admission
※本会議は抽選制です。
※ご受講いただける方には後日受講証をお送りいたします。
※受講ご希望の方は4月4日(月)までにご登録ください。
Seats are limited. Seminar attendees will be selected by the organizer.
All applicants (whether selected or not) will be notified via email.
Registration will be closed April 4th.

セミナー申し込み
セミナー申し込みの受付は終了しました

お問い合わせ
お問い合わせはこちらから