情報漏えい対策セミナー~個人情報保護と法的義務の実践的運用法~

 企業が抱える情報の重要性は増すばかりです。特に、2016年1月に予定される「マイナンバー」制度の導入は、企業活動のあらゆる局面で登場する個人情報の保護体制を今以上に強化する契機となるのは間違いありません。
 一方で企業を狙うサイバー攻撃は巧妙化の一途を辿っています。セキュリティベンダーの調査によると、昨年発見された国内の企業を狙う標的型攻撃では、遠隔操作用サーバーの半分近くが、日本国内の正規のWebサイトを改ざんして使っていたとわかりました。従来、主に海外に置いていたものを国内に移しているのは、攻撃のための通信を、通常の通信に紛れさせて発覚しにくくするためと思われます。このような変化も攻撃者の本気度を示すシグナルと言えるでしょう。
 このような状況を踏まえ、日経BP社は、企業の重要な情報を外部に漏らさない体制の構築やソリューションにフォーカスを当てる『情報漏えい対策セミナー』を開催します。様々な角度から情報セキュリティを取り巻く最新動向を分析しつつ、実践的な「情報漏えい対策」に関する知識を得られるセミナーとして企画しました。

 本イベントにぜひご参加のうえ、貴社の情報セキュリティ体制の戦略立案にお役立てください。

開催概要

日時
2015年6月10日(水) 10:50-17:30 (開場10:30予定)
会場
ソラシティカンファレンスセンター 2F
(東京都千代田区神田駿河台4-6)
主催
日経BPセミナー事業センター
協賛
HDE、インテック、日本IBM、SCSK (ABC順)
協力
日経コンピュータ、ITpro
対象者
ユーザー企業のマネジメント層、情報システム部門、ユーザー層、SIerなど
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

※下記プログラムからご聴講ご希望のセッションにチェックをいれてお申し込みください。

10:50~11:40

【満席】 基調講演

企業の法的義務とセキュリティの実務
~マイナンバー法対応を中心に~

弁護士
国立情報学研究所 客員教授
岡村 久道 氏

詳細はこちら

11:50~12:30

【満席】 情報漏えいリスクを低減するためのセキュリティマネジメント
~外部・内部の脅威を早期発見するシステムの作り方~

SCSK
netXデータセンター事業本部 セキュリティサービス部
担当部長
阪田 幸二 氏

詳細はこちら

お昼休憩

13:30~14:10

【満席】 【特別講演】

サイバー攻撃や内部犯行に対応する体制作り

S&J
代表取締役社長
三輪 信雄 氏

詳細はこちら

14:20~15:00

【満席】 「セキュリティー事故は起こるもの」を
前提としたIBMのセキュリティー・ソリューション 

日本IBM
セキュリティ事業部 Threat&IS TS ITスペシャリスト 
藤盛 秀憲 氏

詳細はこちら

15:10~15:50

【満席】 マイナンバーを守る!ログモニタリングが求められる理由とは?

インテック
産業ソリューション事業部 ビジネスソリューション部 主任
田中 暁 氏

詳細はこちら

16:00~16:40

【満席】 支援1,000社の経験から語る、
Office 365/Google Apps活用に不可欠なセキュリティポイント

HDE
事業開発室 マネージャー
辻 悠太 氏

詳細はこちら

16:50~17:30

企業を狙う「標的型攻撃」の脅威

日経NETWORK
副編集長
勝村 幸博

詳細はこちら

本イベントへのお申し込みには、日経BP社のWeb会員サービス「日経BPパスポート」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、お手数ですが、以下の「未登録の方はこちらから」のボタンをクリックし、メールアドレスを入力していただき、登録を完了させてください。
登録完了後に、イベントにお申し込みください。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。

満席のためお申し込み受付を終了しました