Schneider Electric Keynote Session K-1

10:00 - 10:50

デジタルトランスフォーメーションによる新しいエネルギーマネージメント戦略

Schneider Electric
インターナショナルオペレーションズ
ジェネラルマネージメント
エグゼクティブバイスプレジデント
Luc Remont

シュナイダーエレクトリックホールディングス株式会社
日本統括代表
白幡 晶彦

Powering and Digitizing the economy -デジタル革新の推進-
シュナイダーエレクトリックは、2020年には、1.5倍になるといわれている、エネルギーの需要と、CO2半減の相反する命題を実現するため、様々な活動を展開しています。
特に、エネルギーマネージメントおよびオートメーションにおけるデジタルトランスフォーメーション無くしては、この実現は不可能と考えております。
また、今回サブタイトルとしている、Poweringには、通電の意味合いがあり、我々のエネルギーソリューションに関わるビジネスモデルをイメージしていただけると考えます。
今回のサミットでは、日本でも展開しているメインのビジネスである、IT事業、プロセスオートメーションを含むインダストリー事業、ソフトウェア事業、また、長年のビジネスパートナーである、富士電機様とのジョイントベンチャーである、富士電機機器制御様の事例を踏まえて、弊社のデジタルトランスフォーメーションに関わる戦略と、そのプラットフォームをご紹介いたします。
併せて、シュナイダーエレクトリックの日本の戦略について、日本のカントリープレジデントからご紹介いたします。