デジタル化の推進、IoTの活用など、データ分析のニーズが高度になってきました。より多くのデータをリアルタイムに集め、素早く分析したい。こうした要件に応えるため、ストレージにはこれまで以上の容量、スピード、そしてコスト効率が求められます。スピードアップの要請は、財務会計や販売管理といった業務システムにも及びます。オールフラッシュストレージの品ぞろえが充実してきた今、製品選択の重要性は増すばかりです。

 一方で、仮想化技術の集大成ともいえる「ハイパーコンバージドインフラストラクチャー(HCI)」が実用段階に入ってきました。PCサーバーの内蔵ストレージを活用し、要件に応じてスケールアウトできるのがメリットで仮想デスクトップ(VDI)をはじめ、様々な領域に用途が広がっています。パブリッククラウドと同様に、こうした新型インフラをどう組み込んでいくかが、今後の企業競争力を左右します。

 そこで日経BP総研 イノベーションICT研究所では、企業のさらなる成長にこれら次世代のストレージ技術が欠かせないと考え、導入の推進に向けたセミナー、次世代ストレージセミナー「AI/IoT時代にどう選ぶ?ビジネスを支える最新ストレージ」を開催します。最新の技術や製品動向を示しながら、用途に応じた最適な選択をサポートすることが目的です。

 オールフラッシュやHCIの技術革新は日進月歩。各ベンダーがソリューションを磨き、しのぎを削っている状況です。是非、本セミナーにご参加いただき、最新ストレージの実力を確認してください。

開催概要

日時
2017年9月26日(火) 13:00~17:20 (開場 12:30)予定
会場
ホテル雅叙園東京 2F 華つどい (東京都目黒区下目黒1-8-1)
協賛
EMCジャパン、ネットアップ、ノックス、東京エレクトロン デバイス (ABC順)
主催
日経BP総研 イノベーションICT研究所
協力
日経コンピュータ、日経SYSTEMS、ITpro
定員
200名
受講料
無料(事前登録制)
対象
ユーザー企業のマネジメント層、情報システム部門、SIerなど

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:40

基調講演

森山 正秋 氏

国内ストレージ市場のトランスフォーメーション

IDC Japan
エンタープライズインフラストラクチャ/PCs グループディレクター
森山 正秋 氏

詳細はこちら

国内企業がデジタルトランスフォーメーションを実現するには、データの運用基盤であるストレージのトランスフォーメーションが必須になります。本講演では、国内ストレージ市場で起こっているトランスフォーメーションをSoftware-Defined、フラッシュ、コンバージェンスなどのテクノロジーや実際の利用実態、購入パターンなどの面から分析し、市場予測を紹介します。

13:40~14:20

ソリューション講演①

先を見すえたハイパーコンバージドインフラの選び方

EMCジャパン
マーケティング本部 プリンシパルマーケティングプログラムマネージャー
若松 信康 氏

詳細はこちら

機能や性能の比較検証をして製品選定を行うことは重要です。しかし、技術はコモディティ化し、ソフトウェア主体の開発によって製品開発スピードが向上したことで、半年で状況が変わることもあります。そこで重要となるのが、設計思想を理解し、その製品の方向性と改善余地を見極めることです。今回ハイパーコンバージド製品を例にその考え方をご紹介します。

14:20~15:00

ソリューション講演②

Beyond Backup - バックアップの、その先へ
〜ハイブリッド・クラウド対応に進化したRubrik Cloud Data Managementとは? 〜

Rubrik Japan
SEマネージャー
神近 孝之 氏

※提供:東京エレクトロン デバイス

詳細はこちら

近年、All FlashやHCIの普及によってComputing Nodeの領域に大きな進化がもたらされましたが、バックアップ領域は過去数十年に渡りあまり進化していません。
バックアップ運用を劇的に変革し、且つランサムウェアのようなサイバーアタックがあっても迅速に業務を再開出来、更にクラウドとの連携によりビジネスにどのような付加価値を与えるのか、画面デモを交えて分かり易くご紹介します。

15:00~15:20

休憩

15:20~16:00

ソリューション講演③

Enterprise Cloud を支えるストレージ Tintri EC6000 シリーズのご紹介

ティントリジャパン
SEマネージャー
八木下 洋平 氏

※提供:ノックス

詳細はこちら

Tintri のフラッシュストレージは、高速なだけでなくEnterprise Cloud を前提に設計及び開発されたストレージです。本セッションでは、従来よりも大幅にパワーアップした新モデルEC6000シリーズのご紹介と、他社ストレージとは異なる切り口で、どのようにお客様と共にクラウド時代を生き抜いていくかをご紹介させていただきます。

16:00~16:40

ソリューション講演④

お客様のデジタルトランスフォーメーションを支えるストレージとは
~FlashからHCIまで~

ネットアップ
常務執行役員CTO
近藤 正孝 氏

詳細はこちら

データの重要性がますます高まってきています。進化を遂げ、便利であるとともに分散したハイブリッドクラウド環境で、いかにデータを管理し有効活用できるかが、この時代を乗り切る重要なポイントであり課題です。ここでは、デジタルトランスフォーメーションを成功させる次世代のデータ管理手法を、具体的に実装可能な最新技術と共にご紹介いたします。

16:40~17:20

特別講演

菅沼 重幸 氏

生命保険会社がなぜ HCI を選んだのか

オリックス生命保険
常務執行役員
菅沼 重幸 氏

詳細はこちら

ユーザー企業である保険会社がなぜ最新技術である HCI を選定したのかを、特にストレージの優位性(費用、可用性、運用性、将来性等)に着目して事例紹介する。

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、お手数ですが、以下の「日経IDを取得する」のボタンをクリックし、メールアドレスを入力していただき、登録を完了させてください。
登録完了後に、イベントにお申し込みください。

  • 日経IDをお持ちの方 参加申込みはこちら
  • 日経ID未登録の方 ⇒日経IDを取得する

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。