Lenovo Enterprise Summit 2017

IoTやAIなど新たなデジタル技術によってビジネスを革新していく動きが加速しています。
ビジネスのデジタル化を推進する上で不可欠なのがITインフラです。現状では、クラウドとオンプレミスのシステムを適材適所で組み合わせて利用する形態が主流になりつつあります。ハイパーコンバージドシステムやコンテナなど新しいテクノロジーも次々と登場しています。
こうした中、レノボはこれからのデータセンターにおけるニーズを見据え、製品ならびにブランドを統合するとともに、「ITインフラの再定義」を行いました。既存の優位性を継承しつつ、新たなテクノロジーを注入することで、あらゆる企業規模、業種・業態に満足いただけるデータセンター新ブランドのラインアップを提供します。
ぜひ本サミットにご参加いただき、“Transform”したレノボのデータセンターソリューションをお確かめください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

開催概要

日時
2017年8月22日(火) 13:30 - 17:30 (受付開始13:00)
会場
コンラッド東京 (〒105-7337 東京都港区東新橋1-9-1)
主催
レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ
共催
インテル
協力
ITpro Active
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:30 - 13:40

開会のご挨拶 ―コンピュート革命をすべてのお客様へ―

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ
代表取締役社長
ロバート・スチーブンソン 氏

詳細はこちら

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズの新社長より、クラウド+インフラストラクチャーのIT環境の劇的な変化に対応するための長期的な戦略と、最新データセンター・ポートフォリオについてご説明します。

13:40 - 14:10

デジタル・トランスフォーメーションを実現する
次世代のデータセンター再定義

レノボ データセンター・グループ
ワールドワイド・セールス&マーケティング
シニア・バイス・プレジデント
ロードリック・ラピン 氏

※本セッションには英語→日本語の同時通訳が入ります。

詳細はこちら

企業にとって、第3のプラットフォームや新たなデジタル技術を活用し、新しいサービス、ビジネスモデルや価値を創出するデジタル・トランスフォーメーション(Transformation)の検討が急務となっています。本セッションでは、レノボがこのデータセンターの新しい変革に必要と考える、クラウド、ソフトウェア・デファインド、人工知能(AI) などへのレノボの取り組みをご紹介します。

14:10 - 14:40

人工知能がもたらすビジネス変革の波

日経BP社 執行役員
技術情報グループ統括補佐 イノベーションICT研究所長
桔梗原 富夫

詳細はこちら

第3次人工知能(AI)ブームが過熱しています。話題先行の感がありましたが、昨年後半あたりから実際に導入する企業が増え始めました。一方でまだAIに関する多くの誤解が見られるのも事実です。現状、AI技術はどこまできているのか。ビジネスのどの分野に適用できるか。導入のポイントについて事例を交えてお話しします。

14:50 - 15:20

デジタルでビジネスの加速化に成功した海外事例と新たなテクノロジー

レノボ データセンター・グループ
Data Center Infrastructure
シニア・バイス・プレジデント
キム・スチーブンソン 氏

※本セッションには英語→日本語の同時通訳が入ります。

詳細はこちら

あらゆる業界でテクノロジーの進化がこれまでのビジネスの常識を大きく変えています。異なる業種の企業と企業が4つの共通のゴールを実現するために共創し始めています。本セッションでは、テクノロジーによる時代の再定義に成功したお客様の例をご紹介しながら、ビジネスを加速する(Accelerate)ために必要とされる次世代データセンターを支えるインフラストラクチャーをご紹介します。

15:20 - 15:35

イノベーションのさらなる加速に向けて
~ インテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリー登場

インテル
データセンター・グループ・セールスディレクター
福原 由紀 氏

詳細はこちら

技術革新によるデジタル・トランスフォーメーションの波があらゆる業界に押し寄せています。これにより企業は新しいサービスや製品の迅速な市場投入を実現し、ビジネス・リーダーシップを発揮することが可能になります。こうした今後の技術革新を支えるインテルの取り組みとその中核基盤となるインテル® Xeon® プロセッサー・スケーラブル・ファミリーをご紹介します。

15:35 - 16:05

Future-Defined Data Center を支える
新世代プラットフォーム ThinkSystem と ThinkAgile を徹底解剖

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ
データセンターソリューション事業本部 製品本部 副本部長
工藤 磨 氏

詳細はこちら

業界をリードする信頼性を誇る Lenovo System x サーバーが、次世代型データセンターに向け大幅な進化を遂げます。これに伴いレノボ史上最大の26製品のサーバー、ストレージ、ネットワークが一新し、Azure Stack をはじめとしたクラウド連携が一層強化されます。次世代のデータセンターの管理者の視点から、各ソリューションのメリットをご紹介するとともに、デモを交えて詳しく解説します。

16:15 - 16:50

岡三情報システムが実現したハイパーコンバージドを活用した
「攻めのIT」 による証券フロントシステムの安定稼働

岡三情報システム
ITサービス企画 ユニットリーダー
蔵本 純一 氏

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ
データセンター・ソリューション事業本部 ビジネス開発部 部長
星 雅貴 氏

詳細はこちら

近年、FinTech と称される金融ITの進展により、証券システムの構えは将来どうあるべきかについて、さまざまな場所で議論が展開されています。岡三情報システムでは、岡三証券を含め14証券会社の基幹業務システムや、ネット専業証券向けフロントシステムの開発・運用をサポートしています。特に、証券フロントシステムを安定した形で運用してゆくことは、岡三情報システムの使命のひとつでした。デジタル・ビジネス時代を勝ち抜くには、もはやレガシーなITインフラだけではビジネスを支えきれないと考えるお客様の生の声とともに、企業のビジネス成長を加速する「攻めのITインフラ」としてのハイパーコンバージドの価値を対談を交え、具体的にご紹介します。

16:50 - 17:20

AI と HPC の共通の課題とその解決策
―次世代型データセンター構築のヒント―

レノボ データセンター・グループ HPC & AI
マーケティング・ダイレクター
デイビッド・タリーン 氏

※本セッションには英語→日本語の同時通訳が入ります。

詳細はこちら

旧来、ハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC) は主に学術や研究分野のためのものとされてきました。しかし、近年、製造業を中心としたSAP HANAや高度なビッグデータ分析におけるワークロードなど幅広い分野で、これまで以上に高いパフォーマンスが求められるようになってきました。一方でこうしたスーパーコンピューティングと人工知能(AI)には共通の課題とアプローチがあることがわかりはじめています。本セッションでは、クラウドや次世代データセンターで、どのようにAIを活用して、新たなビジネスチャンスを発見(Discover) すべきかをご紹介します。

17:20 - 17:30

閉会のご挨拶

レノボ・エンタープライズ・ソリューションズ
執行役員 アライアンス&マーケティング本部 本部長
橘 一徳 氏

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、お手数ですが、以下の「日経IDを取得する」のボタンをクリックし、メールアドレスを入力していただき、登録を完了させてください。
登録完了後に、イベントにお申し込みください。

  • 日経IDをお持ちの方 参加申込みはこちら
  • 日経ID未登録の方 ⇒日経IDを取得する

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。