IoT時代の到来に向けたデータプラットフォームの最適解を探る

 IoT(モノのインターネット)時代の本格的な到来を受けて、企業のデジタルトランスフォーメーションが加速しています。あらゆるところに張り巡らされたセンサーがアナログプロセスをデジタルデータに変換し、このデジタルデータをクラウド上で分析することで様々な革新が生まれていきます。

 4年後の2020年には250億個のモノ(デバイス)がインターネットにつながり、総データ量は44ゼッタバイト(ゼッタは10の21乗)に達するとされています。この膨大なデータをいかに速く分析できるかは、企業がデジタルトランスフォーメーションを勝ち抜くための重要なポイントです。情報システム部門には、ビジネス部門の要求に応えて、データ分析のための基盤(プラットフォーム)を構築する責務がありますが、オンプレミスとクラウドの使い分けや非構造化データの扱いなど悩みは尽きません。

 本セミナーでは、最新のデータプラットフォーム製品/ソリューションの紹介やユーザー企業の事例講演などを通じて、IT戦略を立案される方の悩み解決に向けたヒントを提供します。ぜひご参加ください。

お申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2016年12月12日(月)13:30~16:25
会場
御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター
主催
ITpro Active
協賛
日本マイクロソフト、デル
定員
200名
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:30~13:35

主催者挨拶

日経BP社
日経BPイノベーションICT研究所 所長
桔梗原 富夫

13:35~14:15

【基調講演】

「デジタル変革の時代におけるIT戦略策定の勘所」

デルジャパン
最高技術責任者
黒田 晴彦 氏

14:15~14:55

データ利活用の進化/深化に追随できる次世代データ統合基盤を構築するには
~アジャイルな DWH のメリットと将来~

日本マイクロソフト
クラウド&エンタープライズビジネス本部
エグゼクティブプロダクトマネージャー
北川 剛 氏

詳細はこちら

14:55~15:05

休憩

15:05~15:45

【事例講演】

「物流をIoTとBig Dataで変革する日本パレットレンタルが考える今必要なプラットフォームとは」

日本パレットレンタル
ICTサポート部 ICTサービスグループ グループ長
黒岩 暁 氏

15:45~16:15

「Hadoop + SQL SSD Appliance サーバで実現する次世代分析基盤と新生Dell EMCのBig Dataサービスポートフォリオ」

デル
サービス営業統括本部 コンサルティング部
シニアソリューションアーキテクト
牧野 達也 氏

EMCジャパン
プロフェッショナルサービス事業本部 コンサルティング二部
ソリューションプリンシパル/シニアデータサイエンティスト
桑添 和浩 氏

詳細はこちら

16:15~16:25

質疑応答

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。

お申し込み受付を終了しました