ITインフラ Summit 2018~クラウドでAIを活かす俊敏・柔軟・堅牢な基盤とは~

 ビジネスのデジタル化を進める企業が盛んになっています。ビッグデータをAIで分析しマーケティングに活かしたり、統合運用管理ツールでシステムログをとって働き方を改革したりする取り組みが、いくつも見られるようになりました。

 ビジネスのデジタル化を推進する上で不可欠なのがITインフラ(システム基盤)です。しかも「俊敏性」「柔軟性」「堅牢性」という三つの観点で、既存の情報システムよりも高いレベルが求められます。
例えば、デジタル化したビジネスにおいては自社で新たな取り組みを展開したいと話がまとまったら、ITインフラも即応して構築・運用する必要があります。従って「俊敏性」は欠かせません、顧客の増減に応じてITインフラが適切に追随する「柔軟性」も重要です。さらに顧客との接点に直結したシステムが増えますから、セキュリティ攻撃や障害、災害といったリスクに負けない「堅牢性」も確保しなければなりません。

 このようなITインフラの要件に応えるため、優れた製品やソリューションを見抜く確かな眼と、製品やソリューションを最適に組み合わせるアーキテクチャーの知識が、IT部門やITエンジニアに求められています。そこで本イベントでは、ITインフラを「クラウド基盤」「AI基盤」「ビッグデータ/ストレージ基盤」と「運用基盤」という4つの要素に分け、それぞれのノウハウをあますことなく紹介します。

開催概要

日時
2018年1月30日(火) 10:30~17:10 (10:00開場)予定
会場
ホテル雅叙園東京 2F
※旧目黒雅叙園(東京都目黒区下目黒1-8-1)
主催
ITpro
協力
日経SYSTEMS,日経NETWORK,ITpro Active
ゴールド協賛
富士通クラウドテクノロジーズ/ヴイエムウェア
シルバー協賛
CompTIA,デジタルテクノロジー,エクストリーム ネットワークス,
イクシアコミュニケーションズ(ABC順)
受講料
無料(事前登録制)
お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。