クラウド時代のネットワーク最適化Forum 2017 ~SD-WANとCDNで実現する次世代企業ネット in ITインフラSummit

  • 【事例講演】企業Webサイトを支えるインフラに求められる要素 -Honda Webサイト基盤のクラウド化事例から- 本田技研工業 石橋 直正 氏
  • 【事例講演】SD-WAN を利用した学内ネットワーク制御に見るこれからの組織内ネットワーク 東京大学情報基盤センター 関谷 勇司 氏

 企業におけるクラウドの利用が右肩上がりで進んでいます。弊社で実施した最新の企業ネットワーク実態調査では、メールやグループウエアなどのアプリケーションをインターネット経由で活用する「SaaS」の利用率が半数を超えたことが明らかになりました。このようなパブリッククラウドの普及によって、企業の中には「いつでも」「どこでも」「誰でも」クラウドを使う環境が生まれつつあります。

 システムが「クラウドありき」にシフトすると、当然のようにネットワークも変わらざるを得ません。特に、従来と大きく変わりそうなのが、企業とクラウドをつなぐインターネット環境です。インターネットの利用がすべて本社・本店を経由するような企業ネットワークでは、出口のところでボトルネックが生じる恐れがあります。また、クラウド利用の拡大に伴って通信データ(トラフィック)が急増し、企業ネットワークの帯域を圧迫する可能性もあります。クラウドを快適にかつ安全に、そしてコストを抑えて利用するためには、こうした課題を解決して、ネットワークを最適化する必要があります。

 ここにきて、こういったネットワーク最適化を実現するサービスやツールが充実してきました。その一つがネットワークの仮想化/オーバーレイ技術を応用したSD-WANやCDNです。インターネット上に仮想的なネットワークを構築し、安全性を確保したうえで、自社の企業ネットワークに最適な構成や設定を可能にします。また、企業とクラウドをつなぐゲートウエイとして、クラウド向けのトラフィックを効率的にさばく負荷分散装置(ロードバランサー)やファイアウォールのソリューションも登場しています。いまこそ企業ネットワークを見直すべき好機が到来したと言っていいでしょう。
 本フォーラムでは、高まる企業ネットワークの見直し機運を捉え、サービス選定のポイントだけでなく、コスト削減のノウハウや安全な運用管理、最新の技術動向などをご紹介します。

開催概要

日時
2017年7月28日(金) 10:30~17:00 (10:00開場)予定
会場
ホテル雅叙園東京 2F
※旧目黒雅叙園(東京都目黒区下目黒1-8-1)
主催
ITpro
協力
ITproActive
協賛
インターネットイニシアティブ,
ライムライト・ネットワークス・ジャパン,
マクニカネットワークス(ABC順)
展示協賛
マクニカネットワークス
受講料
無料(事前登録制)
お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。