ユーザー企業のための エンタープライズ・クラウド フォーラム 〜ビジネスを飛躍させるクラウドの最適解を見つける2Days〜

クラウド・コンピューティングを取り入れた企業情報システムが本格的に導入され始めてきました。当初はほとんどかからないイニシャルコストから「クラウド=コスト削減」という見方をされることが多かったクラウド型サービスですが、現在は高いパフォーマンスや迅速で柔軟なシステムの拡張を実現するなど、ビジネスに活かすための選択肢として認識され注目を集めつつあります。

こうした状況を踏まえ、日経BP社では「エンタープライズ・クラウド フォーラム〜ビジネスを飛躍させるクラウドの最適解を見つける2days〜」を開催することといたしました。2日間に渡るフォーラムを通じて、クラウド型の情報システムを検討するユーザー企業にとっての最適解を導くヒントを提供いたします。つきましては、皆様のビジネスの一助となるフォーラムとして、是非ご参加ください。

※本フォーラムは、ユーザー(ユーザー企業のCIO、情報システム部門、情報システム子会社、エンドユーザー)に向けたものです。

開催概要

日 時 2010年2月16日(火)17日(水)
会 場 東京ミッドタウン ホール(東京都港区赤坂9-7-2)
主 催 ITpro
協 賛 シスコシステムズ、シトリックス・システムズ・ジャパン、EMCジャパン、富士通、日立製作所、KDDI、マイクロソフト、日本コンピュウェア、日本ユニシス、NTTコミュニケーションズ、リバーベッドテクノロジー、ソリトンシステムズ、住商情報システム、トレンドマイクロ、ヴイエムウェア
(ABC順)
対 象 ユーザー企業経営者・CIO、情報システム部門担当者、SIerなど
定 員 Day1 500名、Day2 300名(定員になり次第締切)
受講料 無料(事前登録制)
【ITpro会員サービス登録のご案内】
本フォーラムにご登録いただきました内容で、ICTに関する専門メールマガジン「ITpro メール」などをお届けするITpro会員サービスに、フォーラム開催後に登録いたします。サービスの詳細は、ご登録後にEメールで詳しくご案内いたします。
既にITpro会員にご登録いただいている皆様は、引き続き本サービスをご愛顧いただけると幸いです。

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

16日<Day1> 17日 <Day2 Private Focus>

ユーザー企業が自社で大規模データセンターを構築し、クラウド環境を構築するためには?
Day2では特に、その内容にフォーカスを当てたセッションをご用意いたします。
仮想化環境の構築、セキュリティの確立など、既存の情報システムを自社運用クラウド環境に移管するために必要な情報が凝縮された内容です。

Day1 10:00-10:40 Day2 10:00-10:40

オープニング討論
ビジネスに生かす! ビジネスを変える!
「企業向けクラウドの最前線と導入ポイント」

東京工業大学 大学院 情報理工学研究科准教授 首藤 一幸 氏
野村総合研究所 情報技術本部 技術調査部 上級研究員 城田 真琴 氏

モデレータ ITpro編集長 吉田 琢也

 定員 500名
詳細はこちら

プライベートクラウド・トレンド

ガートナー ジャパン
バイス プレジデント 兼 最上級アナリスト
亦賀 忠明氏

 定員 300名
詳細はこちら
Day1 10:45-11:25 Day2 10:45-11:25

エンタープライズ・クラウド 〜学ぶ時代から活用する時代へ〜

日本ユニシス
ICTサービス本部 サービス商品企画部 MiF企画1グループ グループリーダー
森 駿 氏

 定員 500名
詳細はこちら

高信頼と高効率運用を両立するプライベートクラウドソリューション

日立製作所
プラットフォームソリューション事業部 プラットフォームソリューション開発部 部長
武田 誠司 氏

 定員 300名
詳細はこちら
Day1 11:30-12:10 Day2 11:30-12:10

シスコのクラウド戦略と仮想コンピューティング環境

シスコシステムズ
エンタープライズ マーケティング 部長
北川 裕康氏

 定員 500名
詳細はこちら

今求められる日本発のクラウド 〜NTTコミュニケーションズが取り組むクラウドとは〜

NTTコミュニケーションズ
ビジネスネットワークサービス事業部 担当部長
中山 幹公 氏

 定員 300名
詳細はこちら
16日<Day1> 17日 <Day2 Private Focus>
Day1 13:10-13:50 Day2 13:10-13:50

A-1 企業経営を支えるICTインフラのあるべき姿 〜クラウドコンピューティングがもたらす変革とは〜

富士通
クラウドビジネス推進室 室長代理
武居 正善 氏

 定員 150名
詳細はこちら

B-1
マイクロソフト クラウド・トラック
本格的グループウェアをクラウドで: Microsoft Online Services

マイクロソフト
インフォメーションワーカービジネス本部 ビジネスオンラインサービスグループ エグゼクティブプロダクトマネージャー
米田 真一 氏

 定員 300名
詳細はこちら

C-1 プライベート・クラウド 〜迅速な実現に向けたEMCの取り組み〜

EMCジャパン
テクノロジー・ソリューションズ本部 プロダクト・ソリューション統括部 シニア・プロダクト・マーケティング・マネージャー
雨堤 政昭 氏

 定員 150名
詳細はこちら

D-1 仮想インフラ特有のセキュリティを徹底分析!〜安心安全なプライベートクラウド構築に必要な対策とは〜

ソリトンシステムズ
マーケティング本部 グループマネージャ
華房 誠 氏

 定員 150名
詳細はこちら
Day1 13:55-14:35 Day2 13:55-14:35

A-2 KDDIのクラウドサービス戦略 〜日本企業におけるクラウドコンピューティングの捉え方〜

KDDI
ソリューション商品企画部 プラットフォーム・セキュリティG
柳 亮弥 氏

 定員 150名
詳細はこちら

B-2
マイクロソフト クラウド・トラック
SQL Server 2008 R2 によるオンプレミスとクラウドのシームレスな管理

マイクロソフト
デベロッパー&プラットフォーム統括本部 エバンジェリスト
安納 順一 氏

 定員 300名
詳細はこちら

C-2 〜クラウド実現の鍵はアプリケーションの高速化にある〜  Cloud by Riverbed

リバーベッドテクノロジー
マーケティング本部、マネージャー
伊藤 信 氏

 定員 150名
詳細はこちら

D-2 リアルに使えるクラウドサービス:デスクトップ活用編

シトリックス・システムズ・ジャパン
マーケティング本部 プロダクトマーケティング担当部長
竹内 裕治 氏

 定員 150名
詳細はこちら
Day1 14:45-15:25 Day2 14:45-15:25

A-3 セキュリティベンダーが挑戦するクラウド時代のセキュリティ

トレンドマイクロ
マーケティング本部 データセンター/コアテクノロジーマーケティンググループ
プロダクトマネージャー
染谷 征良 氏

 定員 150名
詳細はこちら

B-3
マイクロソフト クラウド・トラック
企業システムにおけるWindows Azure プラットフォームの利用

マイクロソフト
エンタープライズパートナー営業統括本部 テクニカルソリューションエバンジェリスト
西脇 資哲 氏

 定員 300名
詳細はこちら

C-3 システムのクラウド化におけるサービス管理について

日本コンピュウェア
執行役員社長
金沢 憲 氏

 定員 150名
詳細はこちら

D-3 クラウド時代の革新的企業IT 〜仮想化とクラウドの融合〜

ヴイエムウェア
システムズエンジニアリング部長
巨勢 泰宏 氏

 定員 150名
詳細はこちら
Day1 15:30-16:10 Day2 15:30-16:10

A-4 再確認、クラウド導入時の検討ポイント

住商情報システム
戦略ビジネス事業部門 新規事業開発室 シニアエンジニア
手塚 信之 氏

 定員 150名
詳細はこちら

B-4
マイクロソフト クラウド・トラック
Windows Server 2008 R2 Hyper-V を活用したプライベートクラウド構築

マイクロソフト
サーバープラットフォームビジネス本部 Windows Server 製品部 シニアプロダクトマネージャー
川瀬 透 氏

 定員 300名
詳細はこちら

パネルディスカッション
プライベートクラウドが示す企業IT変革の時代

オリンパス コーポレートセンター IT統括本部 本部長 北村 正仁 氏
大和証券 常務取締役 管理副本部長 鈴木 孝一 氏

モデレータ:日経コンピュータ副編集長 中村 建助

 定員 300名
詳細はこちら
Day1 16:15-16:55

パネルディスカッション「クラウド時代に“作る”ユーザー企業」

パネリスト:
クロス・マーケティング
システム開発ユニット エグゼクティブマネージャー
永井 秀幸 氏

東急ハンズ 
IT物流企画部 部長
長谷川 秀樹 氏

楽天
技術理事
吉岡 弘隆 氏

モデレータ:日経コンピュータ編集 中田 敦

 定員 500名
詳細はこちら

事前登録は終了しました。

当日受付も若干数ご用意いたしております。ご参加希望の方は直接会場までお越し下さい。

*事前申込者を優先させていただきますので,一部セッションはご聴講できない場合がございます。

予めご了承下さい。

お問合せ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問合せはこちらから
TEL:03-5696-1111(平日9:00〜17:00)※電話での申し込みはできません。