セミナータイトル

 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 日経BP社は来る2015年1月28日(水)、「日経BPイノベーションForum 2015」を開催いたします。本イベントは、「成長」をキーワードにした日経BP社のプライベートイベントです。日経ビジネスや日経トレンディ、日経テクノロジーオンラインなどの専門メディアの担当者が、「成長ビジネス」について経済と技術の両面から議論するとともに、日経BP社が2015年に大きな力を注ぐ事業についてご紹介します。

 アベノミクス以降、国内産業を取り巻く環境は大きく変わっています。2020年に開催される東京オリンピックも数多くのビジネスチャンスを生み出すことでしょう。こういった環境の中、企業が「挑戦」を続け、新たなビジネスチャンスをつかみ取らなければなりません。5年後、10年後に通じる戦略を打ち出し、成長への道を歩む必要があるのです。

 本イベントが、その一助になることを願って止みません。

開催概要

日時
2015年1月28日(水)14:00~19:00(受付開始13:30)予定
会場
ホテルニューオータニ東京 鶴の間(ザ・メイン 宴会場階・1F)
(〒102-8578 東京都千代田区紀尾井町4-1)
受講料
無料(事前登録制、先着順)

事前登録は終了いたしました。
ご来場ご希望の方は、直接会場にお越しください。

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。ご了承ください。

第一部 14:00 - 15:20  
14:0014:05

ご挨拶

日経BP社 代表取締役社長 長田 公平

14:0514:45

【パネルディスカッション】どうなる2015年~消費、経済、テクノロジーの行方を占う

日経ビジネス、日経トレンディ、日経テクノロジーオンラインなどの専門メディアの担当者が、経済と技術の両面から2015年の成長ビジネスについて議論します。

<モデレータ>
日経ビジネス 発行人 高柳 正盛

<パネリスト>
日経ビジネス 編集長 田村 俊一
日経トレンディ 発行人 渡辺 敦美
日経テクノロジーオンライン 編集長 狩集 浩志

14:4515:20

日経BP社の7つの力

当社が強みとする①メディア力、②デジタル力、③海外展開力、④教育/研修力、⑤コミュニティ形成力、⑥イベント力、⑦調査/研究力
それぞれについて、2015年の戦略をお話しします。

日経BP社 取締役 浅見 直樹

15:2015:30

休憩

第二部 15:30 - 17:50  
※分科会「A-2」・「B-2」については、当初のご案内から会場が変更になっております。
講演時間
会場A(鶴の間)
会場B(鶴の間)
会場C(edo-room)
リーダーを生む教育、
スペシャリストを育てる研修
「日経BP社の教育研修事業」
会場D(翔の間)
15:3016:10
A-1

新創刊メディアと
2015年の日経ビジネス
~編集長5人が語る産業革新と経営の未来

B-1

日経BP社が提供する
グローバルネットワーク
・2015年に注目すべき国と地域
・海外媒体を活用した
グローバル・マーケティング
・現地イベント成功の秘訣

C-1

Part1
次世代リーダーを育てる、
日経BP社の教育研修事業と
ITリテラシー養成プログラム

D-1

日経メディカル
プラットフォーム型新サービス『MReach(エムリーチ)』
発表!!

16:1016:20

休憩

16:2017:00
B-2

企業のブランディングとコンテンツ発信力を強化せよ
~ブランド調査活用法&
オウンドメディアにおける
コンテンツマーケティングのあり方~

A-2

女性活躍企業に
ヒトもモノもマネーも集まる!
~ライバルに抜きんでる
最強のメッセージは「女性活躍」~

C-2

Part2
【「課長塾」体験講座】
行動科学で組織の生産性を
飛躍的に高める
~行動に焦点を当てた
新しいチームマネジメント~

ウィルPMインターナショナル
石田 淳 氏

D-2

メディアの新しいカタチ
新事業を創造する
「リアル開発会議」

17:0017:10

休憩

17:1017:50
A-3

コンテンツ・マーケティング
全面支援宣言!
~日経BP社2015年のデジタル戦略~

B-3

3研究所所長が提言する
「2020年に向けた日本再生」

日経BPインフラ総合研究所
日経BPクリーンテック研究所
日経BPイノベーションICT研究所

C-3

Part3
【「ダイバーシティ塾」体験講座】
女性が活躍する組織はこう作る

日経BPヒット総合研究所

17:5018:00

休憩

懇親会 18:00 - 19:00

事前登録は終了いたしました。
ご来場ご希望の方は、直接会場にお越しください。

本フォーラムに関するお問い合わせ

日経BP社 E-Mail:imc3@nikkeibp.co.jp