MDM & Data Governance Summit Tokyo 2013 利益を生むデータ管理、その具体策

 企業が抱える大量のデータは貴重な資産であり、ビジネスに利益をもたらすものです。データ資産を使いこなすには、複数の事業部門や情報システム群を横断してデータを収集・蓄積・分析・利用できる仕組みが不可欠です。

 その具体策としてMDM(マスターデータマネジメント)やデータガバナンスの手法と関連ソフトウエア製品が登場し、企業で効果を上げ始めています。

 利益を生むデータ管理の具体策を広く発信するため、日経BP社は同分野で世界的に著名なアナリストのアーロン・ゾーン氏を迎え、「第4回MDM & Data Governance Summit Tokyo 2013」を開催することにいたしました。

 アーロン氏による基調講演、ユーザー事例講演、各企業からのソリューション提案、来場者とゾーン氏によるワークショップ風質疑応答を通じてMDMやデータガバナンスの重要性を訴求してまいります。

 皆さまのビジネスの一助となる本サミットに是非ご参加ください。

開催概要

日 時
2013年6月12日(水) 10:00〜17:20 (9:40開場)予定
会 場
ベルサール飯田橋ファースト
(東京都文京区後楽2-6-1 住友不動産飯田橋ファーストタワーB1)
主 催
日経BPイノベーションICT研究所,日経コンピュータ
協 賛
アビームコンサルティング,アグラ,インフォテリア,日本ティブコソフトウェア,
SAPジャパン (ABC順)
定 員
300名
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。
※本サミットは、同時通訳が付きます(英→日・日→英)。

お申し込み受付を終了しました

10:00〜11:00

【基調講演】

米MDMインスティチュート
チーフ・リサーチ・オフィサー
アーロン・ゾーン 氏

11:05〜11:45

エンド・ツー・エンドの情報ガバナンスが企業力を向上させる

SAPシンガポール
インフォメーション・マネジメント ビジネス開発 ダイレクター
Klaus David 氏

お昼休憩

13:00〜13:40

【ユーザー事例講演】
ものづくり革新とマスターデータ統合

大和ハウス工業
情報システム部 次長
慈地 靖彦 氏

13:45〜14:25

成功事例にみるMDM適用効果とポイント〜Beyond MDM

TIBCO Software Inc,
MDM Product Marketing Manager
Eileen Diehl 氏

14:30〜15:10

ビジネスの第六感を科学する

アビームコンサルティング
プロセス&テクノロジー 第3事業部 SCMセクター シニアマネージャー
國本 修司 氏

15:15〜15:35

あっという間に完成ビッグデータ・20分間クッキング講座

インフォテリア
執行役員 営業本部長
油野 達也 氏

15:40〜16:00

経営の可視化を3ヶ月で実現するAGRA

アグラ
ソリューション営業本部長
岡 政次 氏

16:05〜17:20

【アーロン・ゾーン氏との対話】
データから利益を得るためにはどうすべきか。
アーロン・ゾーン氏とデータマネジメントのプロフェッショナルが来場者様からのご質問にお答えします。

米MDMインスティチュート
チーフ・リサーチ・オフィサー
アーロン・ゾーン 氏

伊阪コンサルティング事務所
伊阪 哲雄 氏

日揮 プロジェクト・データ・インテグレーション・マネージャ
DAMA 日本支部情報担当理事
林 幹高 氏

<モデレータ>
日経BPイノベーションICT研究所
谷島 宣之

お申し込み受付を終了しました

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く9:00〜17:00)
※電話での申し込みはできません。