Systems Management Forum 2005

 企業活動の成否の鍵を握る重要な要素として、情報システムの重要性は増す一方です。システム運用部門は、コスト削減とサービスレベルの向上という非常に厳しい要求を課せられているのが現状です。システム運用部門の皆様は、システム運用の効率化・最適化を目標に掲げ、日々改善のための業務に取り組まれています。
 その中にあって、「自分たちのシステムの問題点はどこにあるのか?」「どのようなアプローチで改善を進めるべきか?」「ツールとしてはどのような製品がマッチするだろうか?」など、多くの方々が悩まれていることと思います。
 そこで、日経BP社では11月16日(水)目黒雅叙園において「Systems Management Forum 2005」を開催いたします。本セミナーでは、システム運用業務プロセスの改善をテーマに、ユーザー企業が抱える現状の問題点の検証、先進企業の運用改善取組み事例、具体的なツール 紹介などさまざまなプログラムを準備いたしました。
 経営トップ層からシステム部門の方々まで、それぞれの立場で「システム運用の勘所」をつかんでいただく場であると確信いたします。是非、ご参加いただきますようお願い申し上げます。

日 時 2005年11月16日(水) 10:00〜17:05(予定)  開場9:30
会 場 目黒雅叙園 目黒区下目黒1-8-1 TEL.03-3491-4111
定 員 400名(先着順、定員になり次第締切)
受講料 無料 (事前登録制)
主 催 日経BPセミナー事業センター
後 援 財団法人 情報処理相互運用技術協会(INTAP)
協 賛 ビーエスピー、富士通、日立製作所、マイクロソフト、NEC、日本ヒューレット・パッカード、NRIデータサービス ほか
協 力 日経コンピュータ、日経システム構築、日経情報ストラテジー、日経ソリューションビジネス、日経Windowsプロ、日経ITプロフェッショナル

プログラム
時間 内容
基調講演
10:00〜10:50 「後手にまわらない運用管理の実践 東レが取り組む標準化の狙いと効果
東レ 情報システム部門長 重松 直
特別講演 1
11:00〜11:50 「異種運用管理システム相互接続仕様MAXIによる相互接続運用モデルとOSMIC今後の取り組み」
財団法人 情報処理相互運用技術協会(INTAP) OSMIC企画委員会 委員長
鎌田 義弘
11:50〜13:00
昼食休憩
ソリューション・セッション
 
Aトラック
Bトラック
13:00〜13:40 「eXsenjuで実現する『Noと言わない 言わせない システム運用』」
NRIデータサービス
千手ファミリー製品 開発マネージャ
石井 信一郎
「ITILベースの運用を支援するJP1のご紹介」
日立製作所
ソフトウェア事業部 JP1販売推進センタ
主任技師 吉田 陵
13:50〜14:30 「マイクロソフトが提供する運用管理ソリューション
〜MOFとSystem Center 〜」

マイクロソフト
マイクロソフトコンサルティング本部 
プリンシパルコンサルタント
加藤 寛二
自律・統合を実現しITILに沿った運用管理を実現するWebSAM
NEC
ミドルウェア事業部 
エンジニアリングマネージャー
乘松 哲生
14:45〜15:25 「変化し続ける運用環境を常に最適化するBSPの運用ソリューション」
〜ITILによる運用カイゼン、日本版SOX法への対応をにらんで〜

ビーエスピー
営業本部 エンタープライズ
マーケティング&セールスグループ 統括リーダ
橋本 寛章
効果的なITIL導入を実現するSystemwalker
富士通
運用管理ソフトウェア事業部
プロダクトコンサルティング部 プロジェクト課長
櫻井 明彦
15:35〜16:15 調整中
コンプライアンス、SOA、自動化への展開で アダプティブ・エンタープライズを実現するHP OpenView
日本ヒューレット・パッカード
ソフトウェア統括本部
ソフトウェア・マーケティング部
部長 河口 雄一郎
特別講演 2
16:25〜17:05 「損害保険ジャパン:攻めのITサービスマネジメントと人材の育成」
損保ジャパン情報サービス
経営企画部 部長 岸 正之

セミナーのお申し込みはこちら



お問い合わせ
日経BPセミナー事務局
Systems Managemet Forum 2005 係

e-mail:seminar@nikkeibp.co.jp
TEL:03-5210-8653 (土日祝を除く月〜金10:00〜17:00)
FAX:03-5210-8756