超高速開発&エンタープライズアジャイル 2014 ~スピード経営と儲かるシステム開発を実現する絶対解~

 競合よりも先に新商品や新サービスを投入しなければ勝ち残れない。そのために、ビジネスのグローバル化や変化の速さに対応したい――。経営陣のこうした思いに、「エンタープライズアジャイル」や超高速開発ツールが応えています。
 IT部門が“儲かるシステム”の実現に貢献するには、俊敏さと計画性を両立するシステム開発手法の採用が不可欠。その最有力候補が従来の「ウォーターフォール型開発」と「アジャイル開発」を組み合わせた「エンタープライズアジャイル」です。実際に日本でも、エンタープライズアジャイルの採用にいち早く踏み切る企業が増えています。
 一方、BRMSに代表される超高速開発ツールの効果を一言で表すと「ビジネスの攻めと守りの両面に効く」。業務ロジックと業務ルールを別々に管理できるため、「プログラムの自動生成が可能なため詳細設計やプログラミング、単体テストの工数を限りなくゼロに近づけられる」といった長所を備えています。まさに、ビジネススピードを重視する経営者の期待に応える手段にほかなりません。
 そこで日経コンピュータでは、本セミナーを開催。エンタープライズアジャイルの採用や超高速開発ツールの導入によって、“儲かるシステム開発”を実現し、開発スピードを大幅に向上した企業による導入時の苦労とその解決策といった実態に関する講演と、各種ツールや手法を提供するIT企業による講演でプログラムを構成いたします。

満席のためお申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2014年12月2日(火) 13:00~16:50 (12:30開場)予定
会場
東京コンファレンスセンター・品川 大ホール
(東京都港区港南 1-9-36 アレア品川5F)
主催
日経コンピュータ
協力
ITpro
協賛
アークウェイ,インテリジェント・モデル,サピエンス・ジャパン(ABC順)
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:40

【基調講演】

金融系基幹業務へのアジャイル適用事例
~ハイブリッドアジャイルによる保険申込システムの構築~

押井 英喜 氏

東京海上日動システムズ
生保ソリューション本部
あんしん生命システムデザイン一部
上級プロデューサ
押井 英喜 氏

詳細はこちら

13:40~14:20

基幹系システム開発はSAPIENSにお任せください

岡田 学 氏

サピエンス・ジャパン
代表取締役
岡田 学 氏

詳細はこちら

14:30~15:10

企業文化をつくる究極のエンタプライズソフトウェア開発
~究極とは何か。ツールとアジャイルを超えて~
―最適×最速―

アークウェイ
代表取締役社長
森屋 英治 氏

詳細はこちら

15:20~16:00

大規模バッチシステム構築のソフトウェア革命 
~十人月の作業を数分で行う驚異の世界 ODIP(オーディップ)とは~

インテリジェント・モデル
代表取締役社長
小林 佳文 氏

詳細はこちら

16:10~16:50

【特別講演】

エンタープライズ・アジャイルへの挑戦
-アジャイル開発手法適用における現実解-

大橋 正敬 氏

中電シーティーアイ
ITソリューション事業部
保安業務基幹システム開発室 室長
大橋 正敬 氏

詳細はこちら

本セミナーは、日経BP社のWeb会員サービス「日経BPパスポート」への会員登録(無料)が事前に必要となります。 既に会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、お手数ですが、こちらから、メールアドレスを入力していただき、登録を完了させてください。
登録完了後に、お申し込みください。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。

満席のためお申し込み受付を終了しました