デジタル化の進展に伴い、ビジネスの変化に合わせた素早いシステム開発が不可避なものになりました。開発スピードの向上が利益創出に直結するようになるなか、多くの企業が開発の高速化に挑んでいます。

 デジタルビジネスへの対応をテーマとしたイベントの来場者調査でも、システム開発の課題のトップは「開発スピード」でした。そうした中、その解決策として採用が進んでいるのが超高速開発です。開発スピードの向上で事業部門のニーズに迅速に対応できるだけでなく、開発工程の短縮によりコスト削減にも寄与することから普及が拡大しています。

 市場変化のスピードが加速するなか、システム開発の高速化するツール活用はもちろん、アジャイル開発、DevOpsや、短期開発でも品質を担保するためのテスト自動化など、 開発プロセス全体を高速化するためのツール、ソリューションも重要な要素となります。

 このような背景のもと、日経 xTECHではこうした超高速開発を実現するツールや手法の最新動向を解説するセミナー『超高速開発&エンタープライズアジャイル』を開催します。本セミナーは、超高速開発を採用して利益を上げている企業の事例、実現するためのツールなどを紹介し、超高速開発導入を具体的に支援するものです。皆様のご来場をお待ちしております。

お申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2018年5月25日(金)13:00~17:40(12:30開場)予定
会場
大崎ブライトコアホール (東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア3階)
主催
日経xTECH
協賛
アシスト、キヤノンITソリューションズ、マジックソフトウェア・ジャパン、
OutSystems/伊藤忠テクノソリューションズ (社名ABC順)
協力
日経コンピュータ、日経SYSTEMS
対象
ユーザ企業(経営層、IT部門、研究・開発部門、企画マーケティング部門)、Sier など
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:40

【基調講演】

青木 紀将 氏

日本航空が挑んだ、基幹システムのアジャイル型刷新の軌跡

日本航空
路線統括本部 旅客システム推進部長
青木 紀将 氏

詳細はこちら

ウォーターフォール型の日本式開発に慣れきっていたJALが、海外ベンダーのアジャイル型巨大開発に挑み成功に至った。JAL史上最大規模の巨大な刷新プロジェクトであったことに加え、慣れないアジャイル型開発にどのように向き合ってきたのか。その軌跡と我々が直面してきた壁への対処、その具体施策を是非お伝えしたい。

13:40~14:20

【ソリューション講演】

4年間で急成長の米国医療サービスを支える超高速開発基盤とは

岸和田 隆 氏

アシスト
データベース技術本部 ビジネス推進部 部長
岸和田 隆 氏

Mr. Rick Hopfer

Mr. Rick Hopfer
Former Chief Information Officer, Molina Healthcare

詳細はこちら

米国の医療改革による加入者の急激な増加に伴い、アプリケーションに必要なデータの管理、提供における様々な課題を抱えていたMolina Healthcare社。開発者がセルフサービス型でDBを管理・運用することで、プロジェクト工数の50%削減を実現しました。 本セッションでは同社の元CIOが登壇し、課題・手法・効果までを本音で語ります。

14:30~15:10

【ソリューション講演】

永谷園でやってみた。プロトタイプ&カイゼンによるモバイルアプリ開発

北林 王胤 氏<

奏風システムズ
スペシャリスト
北林 王胤 氏


渡辺 剛 氏

マジックソフトウェア・ジャパン
マーケティング部 マネージャ
渡辺 剛 氏

詳細はこちら

永谷園の茨城工場では、超高速開発ツール「Magic xpa」とOCRを使い、iPadによる「賞味期限確認システム」を構築しました。最初の打ち合わせから1週間でプロトタイプを作成し、現場の要望を取り入れカイゼンを繰り返したシステム構築について、担当したマジシャン(Magicのアプリ開発者)が語ります。

15:20~16:00

【ソリューション講演】

アプリの花を咲かせましょう
~サカタのタネがOutSystemsを使った結果~

アーノルド・コンセンコ 氏

OutSystemsジャパン
代表取締役社長 北アジア総括責任者
アーノルド・コンセンコ 氏

嶺澤 健一 氏

サカタのタネ
情報システム部
嶺澤 健一 氏

(提供:OutSystems/伊藤忠テクノソリューションズ)

詳細はこちら

超高速開発のローコード・プラットフォームを実現するOutSystemsを活用して、サカタのタネ社でどのような課題に対応できたか。実際のユーザ様から、導入背景、そしてその効果をご紹介頂きます。

(提供:OutSystems/伊藤忠テクノソリューションズ)

16:10~16:50

【ソリューション講演】

顧客事例から考察する超高速開発の導入効果

キヤノンITソリューションズ
ソリューション推進本部 ソリューション企画部 部長
高橋 嘉文 氏

詳細はこちら

少人数開発で高い成果をあげ続ける企業。システム利用の現場担当者と共創型開発で成果をあげる企業。超高速開発は、「早く安くシステム導入できる」だけではありません。システム開発に求める価値とは何か?を、当社における具体的事例をもとに超高速開発が生み出す価値を解説します。

17:00~17:40

【特別講演】

須山 正隆 氏

超高速開発ツールの活用によるIT部門とシステム構築の改革
~攻めのITを目指して~

ウシオ電機
IT戦略部門 部門長
須山 正隆 氏

詳細はこちら

ウシオ電機では、超高速開発ツールを活用し製造現場の生産性と品質向上のためのシステム構築を進めています。本講演では、ツール導入前のIT部門の状況や課題、ツール選定の観点や懸念事項をご説明します。導入効果に関しては、開発・テスト・保守の生産性・品質、人材育成・体制、設計・開発標準、従来のコーディングスタイルとの違い、ツールに期待すること等、ユーザー企業ならではの事例をご紹介します。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。

お申し込み受付を終了しました