ID FORUM TOKYO 2008 ブランド構築のためのデザイン活用と、それを支える3次元データ

今日、中国やロシア、ブラジル、インドなど新興国の急速な経済発展とともに、成熟した市場を持つ先進国のみならず、発展途上国の市場においてもデザインが製品購買を左右する大きな要素として注目を浴びてきています。また、日本国内においては、デザインをコア・コンピータンスと位置づけ、ブランド&マーケティング戦略を綿密に練った上で、直接世界の市場に打ってでようという事例も増えてきました。これらを支えているのが3次元データの活用です。競争の激しい市場において、限られた時間内にデザイナーのコンセプトにできるだけ忠実に、魅力あるモノを作る過程はもとより、そのコンセプトや魅力をさまざまな形でユーザーに届ける際に、3次元デザインデータがいろんな形で活用されるようになってきました。本フォーラムでは、これらの最新事例をご紹介し、モノ作りに関わる皆様に役立つ情報をご提供します。

開催概要

日 時 2008年9月18日(木) 10:00〜16:10 (開場9:30)予定
会 場 砂防会館 地下鉄永田町駅下車 4番出口徒歩1分
主 催 日経デザイン
受講料 無料
定 員 400名(事前登録制 定員になり次第締め切らせていただきます)
特別協賛 シンク・スリー
協 賛 オートデスク、ダッソー・システムズ、シーメンスPLMソフトウェア

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

10:00〜11:10

基調講演
「人生を決めた15分、創造の1万分の1」

Ken Okuyama Design
CEO
奥山 清行 氏


写真:村田昇

11:10〜12:00

ユーザー事例講演
「3次元データによるもの造り事例」

湘南デザイン
執行役員 自動車開発部担当
菊地原 正人 氏

12:00〜13:00

休憩

13:00〜13:40

ユーザー事例講演
「自動車デザインに求められるサーフェス品質とは?」

日産自動車
デザイン本部 デザインリアライゼーション部
入澤 康久 氏

13:40〜14:20

ユーザー事例講演
「“CATIA de DESIGN”ノリインクとダッソー・システムズデザイン」

NORI INC.
取締役デザインディレクター
川島 裕嗣 氏

14:20〜14:40

休憩

14:40〜15:20

ユーザー事例講演
「ビジュアライゼーションの未来」

未来技術研究所
Group Chair
畑山 一郎 氏

15:20〜16:10

特別講演
「ブランド構築のためのデザイン活用とそれをささえる3次元データ」

NEC
モバイルターミナル事業本部
モバイルターミナル商品戦略本部
クリエイティブスタジオ チーフクリエイティブディレクター
佐藤 敏明 氏

※プラグラムの内容等は変更になる場合があります。

満席のためお申し込み受付を終了しました

お問合せ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
TEL:03-5696-1111 (土日祝を除く 月〜金 9:00〜17:00)※電話での申し込みはできません。