デジタルヘルスの未来2012

  • テキストのお申込みはこちらから→
  • トラックB[高齢者]

  これから10年、医療・健康・介護は大きく変わっていきます。技術との融合、技術の活用によって、新たな社会インフラへと変貌を遂げるでしょう。

  医療・健康・介護と技術を結び付けた「デジタルヘルス」は同時に、新たな産業としての注目を集め始めています。同分野を国内の牽引市場として盛り上げようとする政府の施策も活発になってきました。新産業の創出を目指した産業界の取り組みも、急速に熱を帯びてきています。

  本セミナーは、午前と午後で大きく趣を変えた構成にしました。

  午前は、デジタルヘルスの未来像を展望するために、政府・企業・医師・アナリストなど、多様な立場の講演者による基調講演を用意しました。政府の施策、大手企業の次の一手、医療現場から見た時代の変化、市場規模の考察など、デジタルヘルス市場の「ムーブメント」を俯瞰できるプログラムです。

  午後は、新産業創出に向けた実際の取り組みを把握できるプログラムです。「医療」「高齢者」「海外事例」というテーマ別の三つのセッションに分け、より具体的な事例や動向などについて、さまざまな業界の講演者が明らかにします。

  また、全プログラム終了後には、「勉強会&交流会」を設け、ビジネスのヒント獲得や課題解決、マッチングのための場を提供します。

開催概要

日 時 2011年11月22日(火) 9:30〜17:50
会 場 目黒雅叙園 2F(東京都目黒区下目黒1-8-1)
主 催 日経エレクトロニクス
協 力 デジタルヘルスOnline
後 援 経済産業省
テキスト代(税込み)

各 4,200円

※ 当日配布したテキストを特別頒布します。
※ 在庫冊数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。
※ テキスト冊子は、A4縦サイズ1ページに2コマ掲載のモノクロ両面印刷です。
※ この商品の返品はお受けできません。
※ トラックA【医療】は、講演者の許諾が得られませんでしたので、頒布はありません。

出展社 富士通セミコンダクター『放射線滅菌に耐えるFRAM搭載RFID』
日本テキサス・インスツルメンツ『医療機器向け半導体ソリューション各種』
ソニー『NFCインターフェースモジュール"NFC Dynamic Tag(FeliCa Plug)"』
ティアック システム クリエイト『介護記録支援システム"コメットケア"』
トビー・テクノロジー・ジャパン『アイトラッカー(視線追跡装置)』

プログラム

※講演時刻等,随時更新いたします。また,プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。
※海外講師の講演には,逐次通訳が付きます(英→日,韓→日)。

基調講演
9:30〜9:50

資料なし

ヘルスケア産業について

経済産業省
商務情報政策局 ヘルスケア産業課長
藤本 康ニ 氏

9:50〜10:30

資料28枚

デジタルへルス市場は世界に大きく広がる
〜「家」から「病院」まで、パナソニックグループの"アフォーダブル・ヘルスケア"〜

パナソニック ヘルスケア
取締役 技術担当・知的財産担当
岡崎 之則 氏

詳細はこちら

10:30〜11:10

資料なし

ドコモのヘルスケア事業の取り組み

NTTドコモ
フロンティアサービス部 医療事業推進 医療ビジネス担当課長
梅澤 良夫 氏

詳細はこちら

11:10〜11:40

休憩

11:40〜12:20

資料27枚

医療新産業創出のためのICTグランドデザインとPresentation Zen for Medicine

神戸大学大学院
医学研究科 特命講師
杉本 真樹 氏

詳細はこちら

12:20〜13:00

資料1枚

デジタルヘルス市場開拓の考察

野村総合研究所
経営コンサルティング部 ヘルスケア・コンサルティンググループ グループマネージャー
山田 謙次 氏

詳細はこちら

13:00〜14:00

昼休憩

トラックA【医療】 トラックB【高齢者】 トラックC【海外事例】
14:00〜14:40

少子高齢化に活きる、超音波診断装置と医療連携ソリューション

GEヘルスケア・ジャパン
超音波本部 本部長
多田 荘一郎 氏

詳細はこちら

14:00〜14:40

フィリップスが描く次世代のヘルスケア

資料23枚

フィリップス・レスピロニクス合同会社
新規在宅事業部
シニア・マネージャー
尾崎 慎太郎 氏

詳細はこちら

14:00〜14:30

米国、スウェーデンにみる医療データ活用にITが果たす役割と日本の課題

資料25枚

多摩大学
統合リスクマネジメント研究所教授
医療リスクマネジメントセンター所長
真野 俊樹 氏

詳細はこちら

14:40〜15:20

なぜスマートフォン遠隔画像診断治療補助システムを開発したのか
〜医療のSHAREとは〜


東京慈恵会医科大学
脳神経外科講座 助教・医学博士
高尾 洋之 氏

詳細はこちら

14:40〜15:20

FeliCaを活用したソニーの高齢者向けサービスの展開

資料27枚

フェリカポケットマーケティング
代表取締役社長
(ソニー プロフェッショナル
・ソリューション事業本部
FeliCa事業部
チーフマーケティングプロデューサー)
納村 哲二 氏

詳細はこちら

14:30〜15:10

Biosilta EnBaseRTechnology - intelligent solution for labolatories in life sciences

資料1枚

Innomedica Ltd.
Vice President
Ms. Anna Kalmi

詳細はこちら

休憩

15:50〜16:30

テキサス・インスツルメンツ
メディカル/ヘルスケアの取り組み

日本テキサス・インスツルメンツ
営業・技術本部
マーケティング/応用技術統括部
フォーカスドEEマーケティング
菅原 勇介 氏

詳細はこちら

15:50〜16:30

光ブロードバンドサービスを活用した健康分野への取組み

資料12枚

NTT東日本
ビジネス&オフィス事業推進本部公共営業部
担当課長
森田 健一 氏

詳細はこちら

15:40〜16:20

In Silico Modeling and Simulation of biological processes.

資料なし

Triacle Biocomputing
CEO
Mr. André Juffer

詳細はこちら

16:30〜17:10

予防医療を支える情報インフラから、異業種連携による新しいインフラへ
〜新サービス「wellnote」の今後の展開〜

ウェルスタイル
代表取締役社長
谷生 芳彦 氏

詳細はこちら

16:30〜17:10

IT/iPadを通じた老人ホームの生産性向上と業務内容の見える化
〜「ワタミのサービス品質」を介護現場で実現するために〜

資料1枚

ワタミの介護
経営管理部
部長
浅井 康平 氏

詳細はこちら

16:20〜17:10

LG電子のスマートケアビジネス現況と今後の展望

資料25枚

LG電子
情報技術研究所
Bio&healthグループ長
ファン・ヨンドン氏

詳細はこちら

17:10〜17:50

ユビキタスデバイスを活用した、新しい糖尿病マネジメントについて

富士通
ユビキタスビジネス戦略室
部長
木戸 利治 氏

詳細はこちら

17:10〜17:50

神奈川県の「介護ロボット普及推進事業」の取り組み
〜神奈川から世界へ〜

資料22枚

社団法人かながわ福祉サービス振興会
介護ロボット推進室 室長
関口 史郎 氏

詳細はこちら

17:10〜17:50

クアルコムが世界各国で進めるワイヤレス・ヘルス戦略

資料25枚

クアルコムジャパン
代表取締役会長兼社長
山田 純 氏

詳細はこちら

18:00〜20:00

交流会

セミナーに登壇された講師の方々とご来場頂いた皆様の交流の場をご用意いたしました。
講演に関するQ&A、名刺交換の機会としてご利用ください。 さらに、本交流会には、登壇された講師の皆様に加えて、スペシャルゲストを招聘してのミニトークショー、デジ タルヘルスに取り組む関連各社の展示コーナーをご用意しております。
会場は立食形式で、軽食や飲み物をご用意しております。
お気軽にご参加頂けますようお願い申し上げます。

  • 【交流会に参加する講師(予定)】

    ・パナソニックヘルスケア
    ・NTTドコモ
    ・神戸大学
    ・野村総研
    ・GEヘルスケア
    ・東京慈恵会医科大学
    ・日本テキサス・インスツルメンツ
    ・ウェルスタイル
    ・富士通
    ・NTT東日本
    ・ワタミの介護
    ・かながわ福祉サービス振興会
    ・Inomedica
    ・LG電子
    ・クアルコムジャパン




  • 岡崎氏
    梅澤氏
    杉本氏
    山田氏
    多田氏
    高尾氏
    菅原氏
    谷尾氏
    木戸氏
    森田氏
    浅井氏
    関口氏
    Kalmi氏(通訳あり)
    ファン氏(通訳あり)
    山田氏
  • 【スペシャルゲスト(予定)】

    筑波大学大学院
    人間総合科学研究科 教授
    つくばウエルネスリサーチ
    代表取締役社長
    久野 譜也 氏

    関連記事