デジタルヘルス・サミット2013

技術によって医療・健康・介護の分野にイノベーションを起こす――。こうした「デジタルヘルス」の考え方や、同領域が将来の国内産業を牽引する新たな成長分野であるとの認識は、ここ1〜2年で着実にさまざまな業界に広がり始めました。

 実際、製品やサービスを開発する「産」、産業政策や規制を検討する「官」、要素技術を生みだす「学」、患者に直接向き合う「医」。それぞれの領域で、デジタルヘルス産業の創出に向けた試行錯誤が活発になってきています。

 しかし、デジタルヘルスを大きな産業に育てていくためには、これまで別々に動いていた産官学医の“大連携”が不可欠です。今回のサミットのテーマは「産官学医の連携で、新産業を創出せよ」。メイン・イベントでは、産官学医それぞれの分野からリーダーを招き、新産業創出に向けた展望や課題を議論します。

 午後の個別セッションでは、「介護ロボット」「次世代医療・ヘルスケア機器」を取り上げ、デジタルヘルスの分野で盛り上がりつつある、新たな機器開発の潮流について、さまざまな事例を紹介します。また、全プログラム終了後には交流会を予定しています。

  • テキストのお申込みはこちらから→
  • トラックA 動きだす介護ロボット
  • トラックB 次世代医療・ヘルスケア機器開発の未来

開催概要

日 時 2012年11月21日(水)9:00〜19:30(8:40開場)予定 ※交流会あり
会 場 目黒雅叙園 2F(東京都目黒区下目黒1-8-1)
主 催 日経エレクトロニクス、デジタルヘルスOnline
後 援 経済産業省
テキスト代
(税込み)

各 4,200円

※ 当日配布したテキストを特別頒布します。
※ 在庫冊数に限りがありますので、お早めにお申し込みください。
※ テキスト冊子は、A4縦サイズ1ページに2コマ掲載のモノクロ両面印刷です。
※ この商品の返品はお受けできません。

プログラム

※講演時刻等,随時更新いたします。また,プログラムは変更になる場合があります。あらかじめご了承願います。

基調講演
9:00〜9:15

資料27枚

【挨拶講演】
経済産業省におけるヘルスケア産業政策について

経済産業省
商務情報政策局 ヘルスケア産業課長
福島 洋 氏

詳細はこちら

9:15〜9:55

資料30枚

【特別講演】
日本のものづくり力を医療に

島津製作所
シニアフェロー 田中最先端研究所 所長
田中 耕一 氏

詳細はこちら

9:55〜10:25

資料なし

【基調講演】
「病院」がトヨタを超える日

医療法人社団KNI
理事長
北原 茂実 氏

詳細はこちら

10:25〜10:55

資料4枚

【基調講演】
ユビキタス地域医療からスマート地域医療に

医療法人・社会福祉法人 真誠会
理事長
小田 貢 氏

詳細はこちら

10:55〜11:05

休憩

11:05〜11:20

資料27枚

【基調講演】
青森から世界へ−次世代のヘルスケア地域モデルをめざして−

青森県知事
三村 申吾 氏

詳細はこちら

11:20〜11:35

資料4枚

【基調講演】
東九州メディカルバレー構想について

大分県知事
広瀬 勝貞 氏

詳細はこちら

11:35〜11:50

資料なし

【パネル討論】
「官」から見た、デジタルヘルス産業創出の課題と展望

<パネリスト>
経済産業省 商務情報政策局 ヘルスケア産業課長 福島 洋 氏
青森県知事 三村 申吾 氏
大分県知事 広瀬 勝貞 氏

<モデレータ>
日経エレクトロニクス兼デジタルヘルスOnline 記者
小谷 卓也

11:50〜12:10

資料34枚

【基調講演】
我々が目指すヘルスケア・サービスの世界

ドコモ・ヘルスケア
代表取締役社長
竹林 一 氏

詳細はこちら

12:10〜12:30

資料32枚

【基調講演】
デバイス技術を強みにヘルスケア市場開拓

ローム
常務取締役 研究開発本部長
高須 秀視 氏

詳細はこちら

12:30〜12:45

資料なし

【パネル討論】
「産」から見た、デジタルヘルス産業創出の課題と展望

<パネリスト>
ドコモ・ヘルスケア 代表取締役社長 竹林 一 氏
ローム 常務取締役 高須 秀視 氏

<モデレータ>
日経エレクトロニクス兼デジタルヘルスOnline 記者
小谷卓也

12:45〜13:45

昼休憩

Aトラック:動きだす介護ロボット Bトラック:次世代医療・ヘルスケア機器開発の未来
13:45〜14:30

介護ロボットの開発・普及に向けて

資料29枚

ニッセイ基礎研究所
社会研究部門 准主任研究員
青山 正治 氏

詳細はこちら

資料32枚

コア技術を生かして「スポーツ・健康・医療」に新規参入

セイコーエプソン
Mプロジェクト 部長
加納 俊彦 氏

詳細はこちら

14:30〜15:15

資料40枚

介護・医療支援に向けたパートナーロボットの開発

トヨタ自動車
理事 パートナーロボット部
高木 宗谷 氏

詳細はこちら

資料38枚

テレヘルスの将来を支えるフリースケールの組込みソリューション

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン
事業開発・戦略室
インダストリアル・セグメント
・マーケティング 担当部長
喜須海 統雄 氏

詳細はこちら

休憩

15:30〜16:15

資料26枚

高齢社会におけるロボット技術の活用

国立長寿医療研究センター
老年学・社会科学研究センター
自立支援開発研究部
自立支援システム開発室
島田 裕之 氏

詳細はこちら

資料29枚

NFC X Healthcare モバイルヘルスにおけるNFCの広がりと展望

ソニー
FeliCa事業部 プロダクト&サービス部
プロダクトマーケティング課
高木 良一 氏

詳細はこちら

16:15〜17:00

資料13枚

介護支援ロボットおよび関連要素技術の開発

東海ゴム工業
新事業開発研究所
健康介護事業準備室 室長
郭 士傑 氏

詳細はこちら

資料16枚

次世代ヘルスケアに向けたデバイス・メーカーとしての取り組み

STマイクロエレクトロニクス
アナログ・MEMS・パワー製品グループ
モーションMEMS製品部 部長
坂田 稔 氏

詳細はこちら

17:00〜17:45

資料18枚

村田製作所×幸和製作所 電動歩行アシストカー「KeePace」の開発について

村田製作所
新規ビジネス開拓部 ・ 係長
久保 昌幸 氏

詳細はこちら

資料21枚

調査会社が分析する、デジタルヘルス市場の未来

テクノ・システム・リサーチ
マーケティング・ディレクター
高相 緑 氏

詳細はこちら

18:00〜19:30

交流会

  • テキストのお申込みはこちらから→
  • トラックA 動きだす介護ロボット
  • トラックB 次世代医療・ヘルスケア機器開発の未来