新春セミナー 東京大改造2017
「東京大改造」がオフィスマーケットに迫る

日本経済は、緩やかながら回復傾向が見られてきました。2017年は景気の好調を維持できるのか? 景気と密接に関係するオフィス市場は? 2020年東京五輪に向けて進行する再開発は? そこで、新春セミナーを開催し、首都で進行している未来図を「建築」「鉄道」「道路」などの多面的な視点で解説します。そして「東京大改造」が、オフィスマーケットに与える影響や、将来的なオフィス市場についての予測を行います。そのほか、先進オフィスの見学ツアーを実施。次世代のオフィスについて提言いたします。「未来」をテーマに構成した新春セミナー。ぜひこの機会にご参加ください。

セミナー概要
【日時】2017年1月25日(水)13:15~16:00
【会場】イトーキ東京イノベーションセンター SYNQA(2Fセミナールーム)東京都中央区京橋3-7-1 相互館110タワー
【定員】80名(入場無料)※オフィスツアーは先着20名のお申込みとなります。

応募者多数のため申し込みは終了しました

プログラム
Program1:東京大改造、2020年の東京五輪に向け

いよいよ4年後に五輪開催が迫る首都、東京。訪日観光客の増加も背景に、国際都市としてさらなる飛躍の時を迎えています。しかし五輪は通過点にすぎません。その後も都市開発プロジェクトは目白押し。2027年にはリニア中央新幹線が開業します。
東京はこの先、どう変貌を遂げていくのか。政策や人口動態なども踏まえながら、東京の未来像を描きます。

Program2:2017年賃貸オフィスマーケット市場の動向と展望

東京都心部では空室率に下げ止まりの動き、賃料には天井感の兆しが出始めており、2018年以降はオフィスの大量供給も予想されています。
東京都心部オフィスマーケットの現状に加えて、進行中の大型プロジェクトの紹介、2020年に向けた需給バランス、オフィス市況の行方を分かりやすく解説します。

応募者多数のため申し込みは終了しました

お問い合わせ  三幸エステート株式会社 営業企画室/稲川・渡辺
TEL 050-5846-9588 info@sanko-e.co.jp