日経ヘルスケア診療報酬改定セミナー 徹底解剖 2014年度診療報酬改定 キーパーソンが解き明かす改定の狙いと医療機関への影響度【事前登録制】

 いよいよ目前に迫った2014年度診療報酬改定。今改定では前回改定に続き、社会保障・税一体改革の「2025年モデル」の実現に向けて、急性期、慢性期、在宅医療など、様々なフェーズでの医療機能の再編が加速する見込みです。7対1病床の絞り込みを目的とした入院基本料の算定要件見直し、新たな亜急性期病床の評価など、改定項目は多岐にわたります。医療経営者にとって、この改定が最終的に自院の経営にどのような影響を及ぼすのか、関心が高まっています。
 そこで日経ヘルスケアでは、改定の全貌が姿を現す直後の3月9日に「徹底解剖2014年度診療報酬改定」と題するセミナーを実施いたします。
 本セミナーは、医療施設経営に携わる皆様に向け、講師に、診療報酬改定の行方を左右する厚生労働省の担当幹部や医療行政にも影響力を持つキーパーソンにご登壇いただき、今後の医療経営の行く先を探ってまいります。
 この機会に本セミナーへ皆様のふるってのご参加をお待ちしております。

開催概要

日 時
2014年3月9日(日曜日)開場 11:30 開演 12:00(終演17:00)予定
会 場
主 催
日経ヘルスケア
協 賛
ミサワホーム
受講料
日経ヘルスケア定期購読者 8,000円(税込)
一般の方 12,000円(税込)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

お申し込み受付を終了しました

12:00〜12:05

【主催者挨拶】

12:05〜12:55

【講演1】
「次期改定の影響度と急性期後を担う医療機関の経営対応」

日本慢性期医療協会会長、
社会保障審議会介護給付費分科会委員
武久 洋三 氏

12:55〜13:45

【講演2】
「次期改定の方向性とDPC病院の経営戦略」

東邦大学医学部特任教授、
中央社会保険医療協議会・DPC評価分科会会長
小山 信彌 氏

13:45〜14:00

休憩

14:00〜14:40

【協賛社講演】
医療機関の高齢者住宅実例 〜地域での役割と病院経営改善〜

ミサワホーム
医療介護推進課課長
安藤 治郎 氏

14:40〜15:30

【講演3】
「次期改定に込められた意図と積み残された課題〜中医協での議論を振り返って〜」

全日本病院協会会長、
前中央社会保険医療協議会委員
西澤 寛俊 氏

15:30〜15:45

休憩

15:45〜16:55

【基調講演】
「2014年度診療報酬改定の全体像とポイント」

厚生労働省保険局医療課長
宇都宮 啓 氏

「お申込に際しての注意」
 ご登録いただいた情報は、セミナーへの出席/欠席にかかわらず、本セミナーの事務連絡のほか、日経BP社および日経BPグループ会社からの各種お知らせ(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内に利用させていただく場合があります。
 またこれ以外に、協賛社(ミサワホーム)からも直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などに利用させていただく場合があります。同意の上、お申し込みください。
※日経BP社が登録情報をとりまとめ、協賛社に第三者提供いたします。それ以降は、協賛社の責任において管理されます。

【個人情報保護方針について】
 日経BP社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。
 詳細はこちらへ(別ウィンドウが開きます)。→「個人情報保護方針/ネットにおける情報収集/個人情報の共同利用について

お申し込み受付を終了しました

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00〜17:00) ※電話での申し込みはできません。