医療マネジメントセミナー2016 Autumn 地域包括ケア時代における 病医院の役割と経営戦略

 2012年の介護保険法改正で「地域包括ケア」の実現が目指されて以来、介護のみならず医療行政においても高齢社会を乗り切るための策としてこのキーワードが常について回ってきます。本年4月の診療報酬改定の主眼も、2025年の医療提供体制の構築に向けた地域包括ケアシステムの普及でした。現在、各都道府県で策定が進み今後の病床再編の道しるべとなる「地域医療構想」においても、地域包括ケアを軸に医療と介護の連携がさらに推し進められることでしょう。

 しかし、病棟の転換や、早期退院の促進、在宅医療の提供が求められる一方、『地域包括ケアシステム』の中でどのような医療を提供し、自院の生き残り策としていくかは、まだ各地で取り組みが動き出している最中で、明確な答えは多くの医療機関にとっても見えてきていません。

 そこで日経ヘルスケアでは、10月2日に「地域包括ケア時代における病医院の役割と経営戦略」と題するセミナーを実施いたします。

 本セミナーは、医療経営に携わる皆様に向け、講師として急性期病院、慢性期病院、診療所と様々な立場で地域包括ケアを実践し、医療行政にも影響力を持つ気鋭の医療経営者にご登壇いただき、将来の医療経営の行く先を探ってまいります。

 この機会に本セミナーへ皆様のふるっての参加をお待ちしております。

事前登録は終了しました。
当日受付をいたしますので直接会場までお越しください。

開催概要

日時
2016年10月2日(日)12:30~17:20(12:00開場)予定
会場
コクヨホール
(東京・品川駅前)
主催
日経ヘルスケア
協賛
三井ホーム、ワイズマン
受講対象
医師・医療機関勤務の方 完全登録制
受講料
日経ヘルスケア定期購読者 8,000円(税込み)
一般の方 12,000円(税込み)

プログラム

※プログラム・講演タイトル等は変更になる場合がございます。詳しくは、下記サイトにてご確認ください。

12:30~12:35

主催者挨拶

12:35~13:45

【講演】
「地域包括ケア、地域医療構想、地域医療連携推進法人の行方と対応
~当法人における取り組みを通じて~」

社会医療法人財団董仙会 理事長、全日本病院協会 副会長
神野 正博 氏

13:45~14:15

【協賛社講演】
建築コストを踏まえた利用者に選ばれる高齢者の住まい

三井ホーム株式会社
医療福祉・木造施設事業部 マネジャー
大坪 浩二 氏

14:15~14:40

休憩

14:40~15:50

【講演】
「24時間対応在宅医療ネットワークの必要性と確立に向けた具体策」

医療法人社団悠翔会 理事長
佐々木 淳 氏

15:50~16:10

休憩

16:10~17:20

【講演】
「地域包括ケア・地域医療構想などを踏まえた当法人の戦略とは」

医療法人社団永生会 理事長、全日本病院協会 副会長、日本慢性期医療協会 副会長
安藤 高朗 氏

「お申込に際しての注意」

 ご登録いただいた情報は、セミナーへの出席/欠席にかかわらず、本セミナーの事務連絡のほか、日経BP社および日経BPグループ会社からの各種お知らせ(刊行物、展示会、セミナー等)やアンケート、広告主等の製品やサービスのご案内に利用させていただく場合があります。

 またこれ以外に、協賛社(三井ホーム、ワイズマン)からも直接各種ご案内(製品・サービス、展示会・セミナー催事等)や、調査などに利用させていただく場合があります。同意の上、お申し込みください。

※日経BP社が登録情報をとりまとめ、協賛社に第三者提供いたします。それ以降は、協賛社の責任において管理されます。

【個人情報保護方針について】

日経BP社は皆様のプライバシーを尊重し、個人情報を保護するために細心の注意を払っています。
詳細はこちらへ

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。

事前登録は終了しました。
当日受付をいたしますので直接会場までお越しください。