FACTORY 2017 Spring「製造業再強化」~新時代へのアプローチを究める~

 IoT(Internet of Things)、AI(人工知能)、FA(Factory Automation)、CAD/CAE、電子デバイスなどさまざまな技術の進化を原動力に進展する製造業のデジタル変革。その最先端の話題をテーマとするフォーラムと展示会から成るイベントが「FACTORY」です。2014年3月の初回から数えて通算10回目となる「FACTORY 2017 Spring」は、より多くの方に参加していただけるように従来の東京に加えて、初めて大阪でも開催します。

 FACTORYが2017年に掲げるテーマは「製造業再強化」。その中でも今回は「新時代へのアプローチを究める」ことに焦点を合わせます。IT(Information Technology)とOT(Operational Technology)が融合した新たなものづくりの基盤を構築する動きが加速する中、製造業の競争力を高めるというデジタル変革の目的を再確認した上で、これを実現するために不可欠なアプローチを探ります。新時代の製造業を見据える皆様にとって見逃せないイベントです。

  • 来場事前登録 お申し込み(無料)
  • セミナー情報 お申し込み(無料)

開催概要

日時
2017年3月9日(木)~3月10日(金)
会場
ザ・プリンスパークタワー東京(東京都港区芝公園) 地下2階
主催
日経ものづくり、日経エレクトロニクス、日経テクノロジーオンライン
共催
日経BPイノベーションICT研究所
併催
Cloud Days 2017 TOKYOビッグデータEXPO 2017 TOKYOセキュリティ 2017 TOKYOモバイル&ウエアラブル 2017 TOKYOIoT Japan 2017 TOKYO
Workstyle変革 2017 TOKYODigital Marketing TOKYO 2017
対象
製造業の企業経営層、経営企画部門、製造部門、情報システム部門、製造業にかかわるユーザー企業のディシジョン・メーカー
入場料
3,000円(消費税込)※事前登録者および招待券をご持参いただいた方は無料
展示内容
出展社情報はこちら
関連イベント
FACTORY Annex

プログラム

3月9日(木)

  • 講演番号K-17A
  • 日時3月9日(木)17:20~18:00
  • 会場A会場

【基調講演・パネル討論】スマート工場の最先端は「中小企業」「ベンチャー」にあり!!

スマート工場の実現に向けた動きが加速しています。スマート工場は大手にしかできないと思われがちですが、中小企業やベンチャーでも最先端の取り組みが進んでいます。本セッションでは、それらの取り組みを実際の推進責任者に自ら紹介していただくとともに、スマート工場の実現に向けた展望や課題について議論していただきます。

[パネリスト]

双葉工業(登壇者調整中)
製造部 次長
脇坂 和典 氏

カブク
インダストリアルデザイナー
横井 康秀 氏

[モデレーター]

日経テクノロジーオンライン/日経ものづくり編集
高野 敦

お申し込みはこちら

  • 講演番号F-16G
  • 日時3月9日(木)16:50~17:30
  • 会場G会場

国内外先進企業に見る攻めのアフターマーケットビジネス:顧客満足と収益性向上の実現

アフターマーケット、部品ビジネスは大きな改革の余地が残された最後のフロンティアと言えます。その戦略的な重要性に着目し、攻めの打ち手を打った先進企業は、顧客満足と収益性の大幅な向上を実現しています。本セッションでは、部品の在庫計画や価格最適化、グローバル受発注管理にITを駆使する最新の手法を、日立建機様など、国内外の事例を交えて解説します。

シンクロン・ジャパン
代表取締役社長
落合 克人 氏

お申し込みはこちら

3月10日(金)

  • 講演番号K-20A
  • 日時3月10日(金)10:00~10:40
  • 会場A会場

【基調講演】パナソニックのスマートファクトリーソリューションと具体事例

グローバル化による嗜好多様化・需要変動拡大、技術革新による製品の短命化などから、製造現場では量産と個別受注生産の両方の性格を持つマスカスタマイゼーションの実現が求められています。
それを可能とするためにはデジタル化された市場データや仕入れデータと直接リンクする工場部門のデジタル化が必須です。しかし現在でも多くの生産現場では、点在する情報を熟練者の経験と勘で加工し、生産計画をマニュアルで作成しているのが実態です。
パナソニックが進める実装工場フロアマネジメントを事例に、製造部門をいかにデジタル化するかを具体的な取り組みを交えご紹介いたします。

パナソニック
オートモーティブ&インダストリアルシステムズ社
スマートファクトリーソリューション事業部
ビジネスイノベーションセンター
(ソリューションエンジニアリング総括部)
部長
島田 篤人 氏

お申し込みはこちら

  • 講演番号F-21C
  • 日時3月10日(金)11:45~12:25
  • 会場C会場

トラブル発生!即復旧!PC・タブレットによるビデオ通話の活用~設備業務の点検やトラブル対応に~

WebRTC(Webリアルタイムコミュニケーション)技術を設備管理業務に活用することで、日常点検、定期点検等の保全活動や設備トラブル発生時の復旧対応品質の向上・効率化が期待できます。
PC・タブレット等で使え、導入障壁の低いビデオ通話の活用についてご案内します。

楽天コミュニケーションズ
コンタクトセンターソリューションビジネス部
西尾 祐人 氏

お申し込みはこちら

  • 講演番号F-22E
  • 日時3月10日(金)12:10~12:50
  • 会場E会場

社内外に眠った情報を引き出す!発案や問題解決を支援するナレッジ調査ソリューション

新しい製品のアイディアが出ない。未知の問題だと解決までに時間がかかる。社内外にある大量の情報の中から必要な知識を引き出し、新しい発想や問題の解決に役立てることは簡単なことではありません。本セッションでは個人の能力に依存せず、課題や問題を解決するヒントを見つけ出す方法を活用事例を交えてご紹介します。

IHSグローバル
プロダクト デザイン部
シニア・セールス・エンジニア
森 正臣 氏

お申し込みはこちら

  • 講演番号F-23E
  • 日時3月10日(金)13:20~14:00
  • 会場E会場

モノの売れない時代に製造業が利益を伸ばすには
~不正複製と盗用防止、最適化とリスク削減を可能にする、新しいビジネスモデル~

機器の品質を高めてより多くの台数を販売するという従来のビジネスモデルは、既に限界を迎えている。すべてが繋がるIoT時代にいかに収益を確保し、新しいビジネスモデルを構築するのか?グローバル企業の事例を紹介しながら、セキュリティを強化してリスクを削減し、業務効率と収益を高める方法について解説する。

ジェムアルト
ソフトウェアマネタイゼーション事業部
シニアプリセールスコンサルタント
前田 利幸 氏

お申し込みはこちら

  • 講演番号F-24E
  • 日時3月10日(金)14:30~15:10
  • 会場E会場

次の一手のためのデジタルIT戦略 -製造業が今なすべきことは

現在、製造業の多くの企業がIoT時代に向けて「デジタル・テクノロジーを業務に取り入れ、そこからビジネス上の新しい価値をいかに見出すか」という課題に取り組んでいる。このセッションでは、グローバルで既に結果を出しているIFSの顧客事例を通し、「失敗しないデジタルIT戦略立案のためのステップ」を紹介する。

IFSジャパン
グローバル・インダストリー・ディレクター
アントニー ボーン 氏

事前申込終了

  • 講演番号F-26F
  • 日時3月10日(金)16:50~17:30
  • 会場F会場

IoT時代のものづくりを加速する『デジタル・マニュファクチャリング』

「デジタル スレッド」への注目が加速する現在、ICTを駆使した統合システムを根幹に据えるプロトラブズが「なぜ今デジタル マニュファクチャリングなのか」を、お客様事例を踏まえお話します。
3Dプリンタ、切削加工、射出成形の特徴を比較し、フロントローディングで実現できる製品開発のスピードアップについても説明します。

プロトラブズ
社長
トーマス・パン 氏

お申し込みはこちら

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。