ストラタシス「3Dプリンティング・フォーラム」~ものづくりの新時代を切り開くソリューション~

3Dプリンティングの進展は、加工技術の進歩に留まらず製造業のビジネスモデルそのものを変える大きなインパクトをもらたらすことが、国内はもちろん世界各地で注目されるようになってきました。

世界トップシェアを握るストラタシスは、2014年、2015年と「DDMフォーラム」を開催。3Dプリンティングと「DDM(ダイレクト・デジタル・マニュファクチャリング)の業界動向や先進事例を提供して参りました。

今年は、ストラタシスのユーザー限定イベントとして、装いも新たに開催します。「ユーザーが、さらに一歩進んだ3Dプリンティングの利活用を実現」するための場をコンセプトに、グローバルレベルのトレンドや業界ごとのアプリケーション、ソリューションで構成する先進事例など、実践的な情報を得られる場として多彩なプログラムを準備しました。

本イベントはストラタシス製品のユーザー向けイベントです。
今回特別受講枠として、本サイトをご覧いただいている3Dプリンタ利用者の方を対象に応募枠を設けました。以下の開催概要をご覧の上、ご参加を検討ください。

お申し込み受付を終了しました

開催概要

日時
2016年9月6日(火)10:00~18:00 (受付開始9:00・開場9:30)予定
会場
JPタワーホール&カンファレンス
(東京都千代田区丸の内二丁目7番2号 KITTE 4F)
主催
ストラタシス・ジャパン
協力
日経ものづくり、日経テクノロジーオンライン
募集枠
150名(午前)、各50名程度(午後・分科会)
受講資格
勤務先または、ご自身で3Dプリンタを利用されている方
登録方法
事前登録抽選制/無料 ※本セミナーは、3Dプリンターを使った開発・設計、製造に携わる方を対象としております。
ストラタシス・ジャパンとご同業およびその関係者のご登録はお断りさせていただきます。予めご了承ください。

プログラム

※下記プログラムからご聴講ご希望のセッションにチェックをいれてお申し込みください。

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

10:00-10:05

K-0【開会の挨拶】

ストラタシス・ジャパン
代表取締役社長
片山 浩晶

プロフィールはこちら

10:05-10:40

K-1【基調講演】

Stratasys’ role in Product Development in the Next 5 Years

オメール・クリーガー
Stratasys AP Limited、アジア太平洋地域 President

※本セッションには、英語⇒日本語の同時通訳が入ります

プロフィールはこちら

10:40-11:00

K-3【基調講演】

未来の製造のニーズを今捉える

フレッド・フィッシャー
Stratasys AP Limited、チャネルデベロップメント / フィールドオペレーションディレクター APJ (Sales AP)

※本セッションには、英語⇒日本語の同時通訳が入ります

プロフィールはこちら

11:00-11:45

K-2【基調講演】

Where 3D Printing is Heading to in Manufacturing

リチャード・ハーグ 氏
英ノッティンガム国立大学 3Dプリンティング 製造技術革新EPSRCセンター ディレクター

※本セッションには、英語⇒日本語の同時通訳が入ります

プロフィールはこちら

11:45-13:00

休憩

午後の部

注意)

  • ・午後のセッションは、ユーザー向けプログラムの一部を公開します。
    「ストラタシスユーザー限定セッション」にはご参加いただけませんので、あらかじめご了承ください。
A:アプリケーション・
トラック
※本トラックには、英語⇒日本語の同時通訳が入ります
B:インダストリー・
トラック
※本トラックには、英語⇒日本語の同時通訳が入ります
C:スポンサー・ソリューショントラック
13:00-13:40
A-1

3Dプリンティング・エコシステムに統合するGrabCAD(仮)

グラント・トーマス=ルポア
「GrabCAD.
com」プロダクトディレクター

プロフィールはこちら

B-1

次世代のデジタルファブリケーション教育

オハド・メユハス
ストラタシス グローバル教育 アカデミック研究開発部 ディレクター

プロフィールはこちら

C-1

3Dプリンタ活用のための3次元CADはじめの一歩

原島 辰雄 氏
ソリッドワークス・ジャパン

プロフィールはこちら

13:50-14:30
A-2

FDM 機能プロトタイプと治工具への活用における要件(仮)

ジェイ・ビーバースドルフ
Stratasys AP Limited, シニア・アプリケーション・エンジニア

プロフィールはこちら

B-2

多摩美術大学PBL授業”3Dプリンティングデザイン”成果報告

ナリタ タツヤ 氏
多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコース・非常勤講師

プロフィールはこちら

永原 康史 氏
多摩美術大学情報デザイン学科情報デザインコース・教授

プロフィールはこちら

C-2

Inspireのトポロジー最適化と3Dプリンティングで新しいコンセプトを生成

ピエトロ ベッロージ 氏
アルテアエンジニアリング
第2技術部 シニアアプリケーションスペシャリスト

プロフィールはこちら

14:50-15:30
A-3

コンポジットツーリング活用例(仮)

ジェイ・ビーバースドルフ
Stratasys AP Limited, シニア・アプリケーション・エンジニア

プロフィールはこちら

B-3

デジタルモールドを活用した「新時代」の製品開発事例

松岡 洋和 氏
タカラトミー
事業統括本部 技術開発部
試作開発課
専門課長

*このプログラムはストラタシスユーザー限定セッションです

プロフィールはこちら

C-3

利益を生むDDM活用ポイント ―実用部品・型・治工具の3Dプリンティング事例から

丸岡 浩幸 氏
丸紅情報システムズ
製造ソリューション事業本部 モデリングソリューション技術部
副部長

プロフィールはこちら

15:40-16:20
A-4

次世代の3Dプリンティング J750 アプリケーション

小山 丈博
ストラタシス・ジャパン
営業開発部 アプリケーションエンジニア

プロフィールはこちら

B-4

自動車業界で加速するアディティブマニュファクチャリング(仮)

バラン・ガムセル
Stratasys AP Limited
グローバル・オートモーティブソリューション ディレクター

プロフィールはこちら

C-4

少量組立ラインへのDDM活用事例 UPDATE

リコー
新規事業開発本部 AM事業室
山口 清 氏

プロフィールはこちら

16:30-17:10
A-5

3Dプリント樹脂型による新しいプレス金型、プレス加工の可能性

戸屋 加代 氏
中辻金型工業
統括部長

プロフィールはこちら

B-5

3Dプリンタを魔法の箱にする一歩

遠藤 恭 氏
豊田自動織機 技術・開発本部 R&D統括部実験G
主担当員

*このプログラムはストラタシスユーザー限定セッションです

プロフィールはこちら

C-5

2015顧客満足度調査報告&カスタマーアドボカシー戦略(仮)

三森 幸治
ストラタシス・ジャパン カスタマーアドボカシー部 部長

ナタリー・スパイサー
Stratasys AP Ltd.
アジア太平洋地域&日本 カスタマーアドボカシー VP

*このプログラムはストラタシスユーザー限定セッションです

プロフィールはこちら

17:20-18:00
A-6

デジタルモールド®技術によるスピードと付加価値が設計開発現場にもたらす課題と可能性

橋爪 良博 氏
スワニー
代表取締役社長

プロフィールはこちら

B-6

次世代のものづくりを牽引する3Dエコシステム~Factory portal/SDM(仮)

小林 俊亮
ストラタシス・ジャパン
営業開発部 アプリケーションエンジニア

プロフィールはこちら

C-6

ストラタシスのマテリアルロードマップ(仮)

ブライアン・イップ
Stratasys AP Ltd.
Channel Enablement and Consumables Manager

*このプログラムはストラタシスユーザー限定セッションです

プロフィールはこちら

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。

お申し込み受付を終了しました