新仮想空間『アメーバピグ』
開始1年強で会員300万人突破の秘密

講演内容

2010年6月現在、会員数900万人を突破し、1000万人も目前となった日本最大級のインターネットメディア「Ameba」。そこから生まれた、自分そっくりのキャラクターを作って遊べる仮想空間のコミュニティサービスが「アメーバピグ」だ。開始から1年4カ月で300万人を超えるユーザーから支持を受けるサービスに成長した。本講演は、下記の3つのトピックス、ケーススタディを取り上げる。

(1)アメーバピグの成長のファクターである、コンセプトメイキングからスタートアップまでのストーリーや、サービスの仕掛け方、そしてアメーバピグにおける課金ビジネスの仕組み。

(2)今年4月から全国でテレビCMの放映を開始。これにより多数の新規ユーザーへのリーチが実現し、利用者増大へとつながった。テレビCMを活用したWebメディアのプロモーション概況やポイントを、アメーバピグそのものをケーススタディとして解説する。

(3)仮想世界やアバターコミュニティを活用した広告プロモーションが昨今注目されており、これまでのネットマーケティングのKPI(重要業績評価指標)とは異なる新たな広告価値が見出され始めた。アメーバピグにおいても、企業がユーザーとともに楽しむ仮想世界の新たなプロモーションが実現し始めている。アメーバピグに限らず国内外の仮想世界サービスの活用事例を紹介する。

講演者

サイバーエージェント Ameba事業本部ゼネラルマネージャー 武石幸之助氏

サイバーエージェント
Ameba事業本部ゼネラルマネージャー
武石幸之助氏

北海道釧路市出身。1980年生まれ。東京大学大学院学際情報学府 修士課程修了後、2005年サイバーエージェントに新卒入社。学生時代から、多数のWebメディア立ち上げ、運営を行い、大学院在籍時には、現「Ameba」の前身メディアである「アメーバブログ」の立ち上げに参加。入社後CGM黎明期時代のブログメディア広告営業を担当。その後、複数のメディア事業の責任者・マネジメントを経験し、2007年より現職。特に、「Ameba」メディア内での課金事業戦略を推進し、ブログコミュニティ内課金サービスやモバイルゲーム等の戦略グループのマネジメントを経験。2010年4月よりアメーバピグディヴィジョンの専任ゼネラルマネージャーとなる。また、2008年3月から、ファッションコミュニティメディアの運営を行うプーペガールの取締役も兼任している。