本セミナーは終了しました。ITモダナイゼーションSummit 2018はこちらから

 企業には、長年使い続けて問題点が浮き彫りになっているものの、何も手を打ていない「現行(塩漬け)システム」が存在します。しかし最近、そんな現行システムを蘇らせるアプローチが注目されています。それが、老朽化システムを近代化させる「ITモダナイゼーション」です。

 本Summitでは、ITモダナイゼーションの手法とそれを実現する製品・技術・サービスを紹介し、システムを近代化させる道しるべを示します。

 皆様のビジネスの一助となる格好の機会としてぜひご活用ください。

池上 俊也

日経BP社
ITモダナイSummit
プロデューサー
池上 俊也

プロデューサーからご挨拶

 ハードやソフトの保守切れ、性能改善やセキュリティ対応などで、本当は使い続けたい現行システムを刷新せざるを得ないケースはよくあります。しかしシステム刷新には手間やコストがかかるもの。もっと効率的に老朽化したシステムを蘇らせたい。そう思うIT部門の方は多いのではないでしょうか。

 そこで日経BP社では「ITモダナイゼーションSummit(通称:ITモダナイSummit)」という新たな大規模イベントを2015年4月に立ち上げ、今回はその2回目の開催となります。ITモダナイゼーションとは、現行機能を踏襲しながら効率的にシステム刷新する手法です。本イベントでは、今注目されるITモダナイゼーションについて、事例をはじめ、技術・製品・ソリューションをあますことなく紹介いたします。ぜひ本イベントへのご参加を、心よりお待ちしております。

開催概要

日時
2016年4月26日(火) 10:30~17:20 (10:00 開場)予定
会場
東京コンベンションホール
(東京都中央区京橋三丁目1-1 東京スクエアガーデン5F 商業棟)
主催
日経BPイノベーションICT研究所
協力
日経SYSTEMS,日経ソフトウエア,ITpro,ITpro Active
協力団体
COBOLコンソーシアム
協賛
シーイーシー,CSCジャパン,第一コンピュータリソース,日立製作所,情報技術開発/日本ティーマックスソフト,コベルコシステム,マイクロフォーカス,日本IBM,ニッセイ情報テクノロジー/日本ティーマックスソフト,システムズ,東京システムハウス(ABC順)
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※プログラムは事前の予告なく変更になる場合がございます。ご了承ください。

各セッションに9つのモダナイゼーション手法のタグ付けをしています。

準備的モダナイゼーション
リラーン リドキュメント リファクター
中核的モダナイゼーション
リホスト リインターフェース ラッピング リライト
再構築的モダナイゼーション
リプレース リビルド
A会場
B会場
C会場
10:30~11:10

【特別講演】
第一生命におけるビジネス変革に貢献したシステム刷新
~支払査定システムのモダナイゼーション事例~

第一生命情報システム
久保寺 義一 氏

詳細はこちら

【特別講演】
日本公庫における全体最適化プロジェクト
~13台のメインフレームシステムからのレガシーマイグレーション

日本政策金融公庫
浅原 泉 氏

詳細はこちら

11:25~12:05
A-2

【ソリューション講演】
考察:なぜ企業はリビルドを選択するのか
~事例から学ぶITモダナイゼーションの投資価値

秋山 豊 氏

コベルコシステム
秋山 豊 氏

詳細はこちら

【ソリューション講演】
COBOL資産を有効活用するITモダナイゼーション
-最新COBOLテクノロジーと事例-

光富 良裕 氏

マイクロフォーカス
光富 良裕 氏

詳細はこちら

お昼休憩

13:00~13:40

COBOLコンソーシアムトラック

A-3

【特別講演】
経済産業省のIT施策の動向

経済産業省
古原 和邦 氏

詳細はこちら

【特別講演】
ハイブリッド環境の活用による基幹システムのリビルド

マンパワーグループ
佐藤 康夫 氏

詳細はこちら

【特別講演】
アベノミクス活況への対応
~基幹発注システムの新規構築、レガシーシステムからの移行~

カブドットコム証券
小﨑 敬介 氏

詳細はこちら

13:50~13:55

COBOLコンソーシアム会長 ご挨拶

13:55~14:35

【ソリューション講演】
OSS COBOLの最新動向とモダナイゼーション事例のご紹介

比毛 寛之 氏

東京システムハウス
比毛 寛之 氏

詳細はこちら

【ソリューション講演】
「成長戦略としてのモダナイゼーション」プロジェクトの成功ポイント

東 克俊 氏

シーイーシー
東 克俊 氏

詳細はこちら

【ソリューション講演】
APIエコノミー時代に向けたモダナイゼーションの必要性

宮本 昌門 氏

日本IBM
宮本 昌門 氏

詳細はこちら

14:50~15:30

【ソリューション講演】
レガシー資産の『可視化』から始める現実的モダナイゼーション
~ 『リドキュメント』『リファクター』『リライト』を事例とデモで解説 ~

中本 周志 氏

システムズ
中本 周志 氏

詳細はこちら

【ソリューション講演】
賢い企業が「マイグレーション」を選ぶ理由
~投資対効果を最大化する最適アプローチ~

野村 貴司 氏

ニッセイ情報テクノロジー
野村 貴司 氏
(提供:日本ティーマックスソフト)

詳細はこちら

【ソリューション講演】
理解しているからこそ語れるAS400からの卒業

林田 宏介 氏

CSCジャパン
林田 宏介 氏

詳細はこちら

15:45~16:25

【ソリューション講演】
リホスト手法を利用した大規模モダナイゼーション事例

赤瀬 克己 氏

情報技術開発
赤瀬 克己 氏
(提供:日本ティーマックスソフト)

詳細はこちら

【ソリューション講演】
ITモダナイゼーションの成功事例と最新の要素技術

新家 博文 氏

日立製作所
新家 博文 氏

詳細はこちら

【ソリューション講演】
IBM i(AS/400)のモダナイゼーションに潜む罠~モダナイ手法の問題点と解決策を事例を基に紹介~

第一コンピュータリソース
阿野 幸裕 氏

詳細はこちら

16:40~17:20

【特別講演】
10か月でオープン化
アイチコーポレーションのリホスト事例

鯨井 裕 氏

アイチコーポレーション
鯨井 裕 氏

詳細はこちら

【特別講演】
「電話API活用」で一歩進んだシステム運用へ

緒方 優 氏

日本気象協会
緒方 優 氏

詳細はこちら

※「COBOLコンソーシアム」はCOBOLの現状を理解いただくために、2000年に設立された団体です。

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから
TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
※電話での申し込みはできません。

お申し込み受付を終了しました