インターネット時代のCOBOL活用セミナー
1960年代以降、企業業務システムのほとんどはCOBOLで記述され、膨大な資産は現在のIT社会の根幹を支えています。特に近年は、基幹業務システムのオープン環境での構築が本格化しており、安心して使用できるCOBOLが見直されてきています。

このような状況を踏まえ、COBOLコンソーシアムと日経BPセミナー事業センターでは、2001年から6回にわたり「インターネット時代のCOBOL活用セミナー」としてCOBOL資産の有効活用を目指したセミナーを開催、大好評を博しました。

今回は「EA (Enterprise Architecture)と基幹系システムの再構築」をテーマに第7弾となるセミナーを実施します。是非とも本セミナーにご参加ください。


日 時 2004年7月27日(火)  13:00開場・13:30開演
会 場 日経ホール(東京千代田区大手町1-9-5)
受講料 無料(事前登録制・先着締切)
定 員 400名
主 催 COBOLコンソーシアム/日経BPセミナー事業センター
協 賛 日本BEAシステムズ、プリズム、東京システムハウス、NEC、日立製作所、富士通


セミナー・スケジュール
時間 内容
13:00〜 開 場
13:30〜 開 演
13:35〜14:20 ●基調講演
「経営視点からみたITシステムの構築
―実践的EA構築に向けて―」
オージス総研
代表取締役社長
加藤 正和
14:20〜14:55 ■事例1
「システムコスト削減による戦略投資について
〜既存資産を活用した変化即応型システム再構築〜」
ジョインテックス執行役員
経営管理本部
システム企画部
部長 長谷川 治
15:15〜15:50 ■事例2
「汎用機からUNIX機へのマイグレーション事例のご紹介
−「ACUCOBOL」 によるマイグレーション事例 −」


「マイグレーション後の発展
〜レガシーマイグレーション後のシステム発展への取り組みについて〜」
アルバス
システム事業部3部
部長 椎名 千夏

東京システムハウス
システムパッケージ事業部
ソリューションエンジニアグループ
課長 清水 真
15:50〜16:25 ■事例3
「オフコンCOBOL資産を活用したシステム再構築」
テクノ工房
代表取締役 成川 義昭氏,
常務取締役 澤田 光宏
16:25〜17:00 ■事例4
「基幹システム再構築事例からみるEAへの取り組み」
NEC
システム技術計画本部
本田 美奈子
※プログラムは変更になる場合があります

セミナーのお申し込みはこちら

お問い合わせ

日経BPセミナー事務局
COBOL活用セミナー 係

E-mail:seminar@nikkeibp.co.jp
TEL:03-5210-8653
(土日祝日を除く10:00〜17:00)
FAX:03-5210-8756