初心者向けに不動産投資による資産形成を紹介するイベントを開催いたします。現役世代の年金に対する不安感から、資産運用の手法として「不動産投資」が注目されています。給料以外の副収入を得る手法として、または年金・相続対策を考えてなど目的は様々ですが、不動産投資にはきちんとした投資手法の理解が欠かせません。当セミナーは不動産投資を様々な角度から理解頂ける場として開催致します。

開催概要

日時
2018年6月9日(土) 13:00~15:40(12:30開場)予定
会場
ベルサール御成門駅前 (東京都港区新橋6-17-21 住友不動産御成門駅前ビル1F)
主催
日経トップリーダー
協賛
株式会社リアルユナイテッド
定員
100名
受講料
無料(事前登録制)

プログラム

※講演者や講演時間など、プログラムは変更になる場合がございます。予めご了承ください。

13:00~13:40

年金危機目前!不動産を活用した自分年金のつくり方

株式会社リアルユナイテッド
代表取締役社長
髙橋 健太 氏

プロフィールはこちら

大手不動産会社勤務を10年経験後、32歳の時に「株式会社リアルユナイテッド」を設立。投資用マンションの販売を中心に5期連続の増収増益を出す。マンション販売事業の他、2015年に賃貸・管理事業を、2017年には家賃保証事業を始動。社名に込めた、不動産を通じてお客様、関係各所、社員の全てが共により良き未来を作る真のパートナーとなるビジョンを着実に実現させている。

13:40~14:40

【特別講演】

どうなる日本経済、どうなる年金

森永 卓郎 氏

プロフィールはこちら

昭和32年生まれ 東京都出身
東京大学経済学部経済学科卒業
日本専売公社、日本経済研究センター(出向)、経済企画庁総合計画局(出向)、三井情報開発(株)総合研究所、(株)UFJ総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株))を経て、現在、経済アナリスト、獨協大学経済学部教授。
専門は労働経済学と計量経済学。そのほかに、金融、恋愛、オタク系グッズなど、多くの分野で論評を展開している。日本人のラテン化が年来の主張。
主な出演番組: TBS「がっちりマンデー!!」、ytv「情報ライブ ミヤネ屋」、ABC「キャスト」、文化放送「大竹まことゴールデンラジオ!」、ニッポン放送「あなたとハッピー」、NHK第1「社会の見方・私の視点」、TBSラジオ「生島ヒロシのおはよう一直線」MBS「サタデープラス」など
主な著書に『<非婚>のすすめ』講談社現代新書 1997年、『バブルとデフレ』講談社現代新書 1998年、『リストラと能力主義』講談社現代新書2000年、『日本経済「暗黙」の共謀者』講談社+α新書2001年、『年収300万円時代を生き抜く経済学』光文社2003年、『「家計破綻」に負けない経済学』講談社現代新書2004年、『「所得半減」経済学「昭和30年代」に学ぶしあわせ術』徳間書店2004年、『誰がウソをついているのか』ビジネス社 2006年、「年収崩壊」角川SSC新書2007年、『しあわせの集め方 B級コレクションのススメ』産経新聞出版2008年、『モテなくても人生は愉しい』PHP研究所2008年、『こんなニッポンに誰がした』大月書店2008年、『「価値組」社会 』角川SSC新書 2009年 『「民主党不況」を生き抜く経済学』PHP研究所2010年、「ニュースのウラ読み経済学」PHPビジネス新書2010年、「震災後を生き抜くマネーの鉄則」小学館101新書2011年、「起死回生のマネー術」マガジンハウス2011年、「庶民は知らないデフレの真実」角川SSC新書2012年、「モリタク流 アキバ経済学」日経BP社 2012年、「マニア力(まにありょく)」マイナビ新書2012年、「大貧民」アーク出版2012年、「経済ニュース 見方を変えればこんなに儲かる」青春出版2013年、「庶民は知らないアベノリスクの真実」角川SSC新書2013年、「グリコのおもちゃ図鑑」プレジデント社 2013年、「超貧困」時代-アベノミクスにだまされない賢い生き方・清流出版 2014年、「年収300万円からのふるさと納税」ぱる出版 2014年、「雇用破壊」角川新書 2016年、「モリタクの低糖質ダイエット」SB新書、「老後破産しないために、年金13万円時代でも暮らせるメタボ家計ダイエット」扶桑社新書、「消費税は下げられる!」角川新書 2017年、「森卓77言」プレジデント社 2017年、 など多数。

14:40~15:40

個別相談会

本イベントへのお申し込みには、「日経ID」への会員登録(無料)が事前に必要となります。
すでに会員の方は、ログイン後、ご登録内容をご確認のうえお申し込みください。
未登録の方は、画面の指示にしたがい、登録を完了させてください。

参加申し込みはこちら

お問い合わせ

日経BP読者サービスセンター セミナー係
お問い合わせはこちらから

TEL:03-5696-1111(土日祝を除く 9:00~17:00)
電話での申し込みはできません。